とむこの悪口帳

旅館の行きから帰りを順番に。正直に書いて結果として悪口になったらごめんなさい。素直に感じた日記代わり 転載禁止。旅行以外の悪口は別ブログhttp://blog.livedoor.jp/timoko-abuseへ

水回りやら踏込・洗面所・トイレには暖房設備はない。ただただ寒い。部屋の襖を開けっ放しにしておいたら凍えない程度には温まったけどトイレの扉は開けっ放しって訳にいかないから、高齢者は血圧が上がったり下がったりして大変なんじゃないだろうか。石油ファンヒーター1つ ...

スマホで著莪の里ゆめやを目的地にするとここに案内されるここは旅館の裏手になるので信じてはいけない正しいのはこの経路。ピンの部分が入り口案内看板は地味なので見逃して富士屋まで行ってしまった。地図だと敷地面積が狭そうに見えるが、用水路が敷地内に流れているので ...

2018年1月宿泊岩室温泉 著莪の里 ゆめやposted with トマレバ新潟県新潟市岩室温泉905-1 自家源泉と美食の宿[地図]楽天トラベルじゃらんJTB一休 るるぶ 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉905−1我々には著莪の花ならぬ高嶺の花ゆめや。身分不相応だが泊まってみた ...

道の駅八ッ場は人が多いのでパス。松溪館のそば、道の駅あがつま挟(map)前は広場だったところに休憩所のような施設ができた野菜が全く売ってない。最近の道の駅は野菜補給所みたいな場所になっているから野菜がなければすぐ離脱じゃあ、道の駅ふじみ(map)ここは野菜がたっぷ ...

温泉饅頭屋が色々あるが「押し売り饅頭」以外ならどこでも美味しい駐車が楽でちちや(map)に寄る試食をくれる昨日休みだったラッキーベーグル(map)全品100円セール理由は書いてないが昨日休みだから2日前のかも全然ヘーキ、全種類買う。感想は控えるこごみパン(map) 湯畑から ...

夕食はノイエポストダイニングが良かろうと決めていた。草津の中ではオシャレだし禁煙だし。ラストオーダーが19時と少し忙しいが。到着すると店が暗い(2階)。まだ開店前だっけとオロオロすると数日お休みの紙がペタリ。旅行先で知ってもどうにもならん。HPなりfacebookなり ...

渋川市で買った譽國光なんで割れた瓶を映しているのか。それは呑む前に割ってしまったからです。無造作に後部座席に放り投げておいたのがいけなかった。ドアを開けたときにパリーン。酒蔵さん申し訳ありません。ということで買い出しが必要となる。ペンションはぎわらの立地 ...

風呂は1階男湯と女湯の暖簾がかかっている。でも貸切利用なのであまり関係なく内鍵をしてしまえばどちらも貸し切りで利用できる。男湯側ロッカーも随分と貫禄がある ドアを開けると硫黄泉の臭いに包まれる。万座に近い焦げ臭を伴う。180×120cm位の湯船。2人で入っても余裕 ...

ペンション要素はこの吹き抜けくらいだろうかペンションに泊まったことがないので比較ができないが、オシャレ感はない。館内も雑然としているし部屋にいると「ただいま~」なんて声が聞こえたりする。家族の出入りは多いけど居心地は良い。2階はコの字に部屋が配置されている ...

白根山、心配ですね最短距離で辿り着くにはホテル櫻井の敷地内を通る楽天で予約したら確認メールの中にこの画像があったので不法侵入にはならないと思う。が、ホテル櫻井入り口には「この先専用駐車場」みたいな看板があって入ってくるな感がある。ホテルの誘導係も構えてい ...

2018年1月宿泊お知らせ「とmこ」復活です、が復活したり離脱したりだと思うのでブログタイトルはこのまま「とむこ」名義でいきます。とmこ家族旅行編(四万 柏屋旅館)とか書いてほしいんだけどね、エアブロガーだからさ…ペンション はぎわらposted with トマレバ群馬県 ...

日帰り施設もHPのショボさ(ずっとこのままでいて)から想像していたものと違って凄く綺麗。これは男湯入り口付近の廊下なんだけど間接照明やらで高級感さえ感じる変に艶めかしい像がw顔はモアイみたいだけどwwお風呂画像はダメって事で載せません。男湯の露天だけ、ど ...

アルカリ性単純泉 ph9.2 湯温40.6℃ 湧出量261l/min宿泊者特典がいくつかあって貸切風呂が半額(2000円→1000円/時間)980円のメニューを900円で食べられる個室で食事が1時間無料(早い者勝ち)宿泊者専用スタンプカード朝風呂は9時30分から(一般は10時から) ...

料金内訳1室1名利用 税込みスタンダード6500+入湯税150=6,650デラックス6500+追加料金1080+入湯税150=7,730今回はデラックス部屋入口鍵は一般的なものだけど、カードキーも付属していて差し込んで電気をつける廊下にミニキッチン向かいにユニットバス湯船は足が伸ばせ ...

↑このページのトップヘ