とむこの悪口帳

旅館の行きから帰りを順番に。正直に書いて結果として悪口になったらごめんなさい。エアブロガーとmこ♀と代理ライターとむこ♂でお送りしています 転載禁止。問い合わせはtravel-tomko@protonmail.comまで 旅行以外の悪口は別ブログhttp://blog.livedoor.jp/timoko-abuseへ

ロビーから見て客室方向とは別の廊下を進む洗面所兼洗濯場所として使っていそうな空間手前から貸切風呂・女風呂・男風呂(の奥に客室?おばちゃんの騒ぐ声が聞こえた)と並ぶ貸切風呂からひっくり返すだけ。予約も時間制限もない金属が硫黄でやられて傷んでいる。これは期待 ...

前回はこちら毎度前置きがとても長くなりますが、申し訳ありません。インフルエンザが流行っています。もう罹りました?初老なので全快までに日数がかかるようになり、酷いと2週間は不調の中過ごすのでとても警戒しています。といってもワクチンは打ってないんですけどね。と ...

予備知識として、小野川保養センターはすぐそばにある「吾妻荘」が運営しています。旅行客は吾妻荘、湯治客は小野川保養センターという位置付けですが、一泊からでも宿泊できるので僕らのような旅行者も宿泊できます。空気感を表現しようと頑張ったが、難しい。敷地内は「昭 ...

2019年1月宿泊。遅くなりましたが記事的に新年明けましておめでとうございます2018年最後の旅館、こくや旅館に泊まっている時に心から思った。「もう旅館で胃が痛くなるまで食べたくない」こくや旅館を非難しているわけではない。こくや旅館でもそう思っただけだ。旅館ではい ...

帰り道道の駅の名前が壮大で吹く鹿教湯温泉から佐久に抜ける道沿いの道の駅は余計な文字を入れたがる道の駅 ほっとぱ~く・浅科道の駅 女神の里 たてしな道の駅 マルメロの駅ながと探してみたけど女神はいなかった品種「ホワイトタイガー」でも「ホワイトスター」の種袋が置 ...

風呂は時間制限なく夜通し入れるから、夜中に起きて風呂に向かう。寒くなれば雪が降るだろうかと期待したが2mmほどのアラレが降るだけで雪にはならなかった。少しずつ夜が明けるのを眺めながら風呂場で長い時間を過ごす。鹿教湯温泉の中心から離れてるが故、里山の眺めが素 ...

「こくや」という名前が「鯉こく」を連想させて、すごく美味しい鯉料理が食べられるような先入観があった。18時か18時半から、ということなので18時を選んだ。18時15分位に配膳楽天トラベルの口コミで「食事のボリュームが多い」という感想が多くて、懸案事項にな ...

浴室は1階。男女入れ替えなし、夜間の制限なし。男湯レトロな扇風機。古い機械が現役で動いているのは凄いとは思うけど、耐用年数をとうの昔に過ぎてる機械が壊れる時に、突然死なら良いけれど火を吹いたら…。脱衣場の真上が僕らの客室なので、怖い想像をしてしまった。6畳 ...

きじ階段直ぐ側の部屋踏込の右手にクローゼット8畳間に広縁壁に茶器類と手ぬぐい・歯ブラシ電気ポットこまめに設備に手を入れる旅館とそうでない旅館があって、こくや旅館は後者。畳が傷んでいたり、鼻がムズムズしたりするけど障子は綺麗だし、不潔さはない。古くて静かで時 ...

↑このページのトップヘ