とむこの悪口帳

旅館の行きから帰りを順番に。正直に書いて結果として悪口になったらごめんなさい。素直に感じた日記代わり 転載禁止。旅行以外の悪口は別ブログhttp://blog.livedoor.jp/timoko-abuseへ

玄関とロビーこれが今回使用した場所。シンプル見取り図はこんな感じ一般的な客室は2階みたいなんだけど、泊まった部屋がフロント向かいの「きり」なので2階は使いませんでした。2階はこんな感じみたい全7室ってところか。ちとトイレが少ないようなきがするが、どうかな?9,5 ...

2017年11月宿泊福島県大沼郡金山町本名 金山町本名上ノ坪1942読み飛ばして大丈夫。本編は次から人生初の一人旅は20年以上前、19歳のときに夜行列車で島根県へ。興奮というより不安でろくに寝れず体が鉛のように重くなったのをよく覚えている。元来、出不精な性格だから旅 ...

とmこさんはお泊りから離脱で旅エアブロガー(ほぼ一般人)からエアブロガー(一般人)へ戻ります。後日「〇〇のとmこ」という別ブログが立ち上がるかもしれません、がエアブロガーなので未定ということで今後は一人旅になるのかな本人がいないから止めちゃっても良いんだ ...

湯田中渋温泉を見下ろす。角間温泉の位置は高いたまたまなのか、激混みの道の駅やまのうち。普段はゆったりみれるんだけど自宅用なら一個50円からツルヤ中野店今回は収穫なしイオン中野店鹿肉を買いに来たのだが、長野のお土産がズラッと並びここでなんでも揃うこのジビエコ ...

夜明けの5時に風呂に向かう浴室から見える里山の風景は子供の頃を思い出す山の稜線が朝日を受けてくっきりと空との境界を描く2面の窓を開け放つと秋とも冬とも感じる冷気が忍び込んできて冷たさで浴室を満たすお湯はそんな冷気でもびくともしない静かできれいなお湯と空気は ...

夕食は18時以降で何時が良いですか?と。じゃあ18時でお願いします18時に部屋にノックがあって会場まで案内してもらう当日は我々を含め2組、なので大広間を一組ずつ使うぽつーん、と置いてある落ち着かないもんだ下調べでは「ボリュームは大したことない」と予想した完食 ...

浴場はフロントを1階とすれば地下1階。傾斜地なので当てはまらないが一階降りる浴場前に卓球台ボールは割れてなくてよいのだが、ラケットがね・・・スピンは全くかからないので嫌らしいボールを打てないが、夕食後に楽しんだ懐かしいぶら下がり健康器女湯から小ぶりな湯船湯 ...

時間が前後するけど、チェックイン時には女将さんが出てきてくれたスラッとした優しい雰囲気の方。物腰がとても柔らかい帳場横には囲炉裏がある今回は忙しかったのでパス部屋はトイレの有る無しで1000円の違い。フロント近くの階段を上がる普段なら1000円ケチってトイレ無し ...

チェックイン直後に外湯に向かうのは、湯宿温泉と同じ。まず、外湯をやっつける鍵は宿で貸してくれます。鍵は一般的なものではなくて木片。穴に突っ込むとセンサーが解錠してくれる。簡単に複製できちゃうから載せない(不正が見つかったときは5000円の罰金)角間温泉は外湯 ...

2017年10月宿泊福島屋旅館posted with トマレバ長野県下高井郡山ノ内町佐野2362[地図]じゃらん 角間温泉は角間荘に泊まったことがある。でも角間荘では共同湯の鍵を借りることはできない共同湯を宿題にしていたなと、外湯に近い宿を予約する埼玉 ...

夜明けから何度か風呂とトイレと部屋を行き来して、8時に食事処に向かうチェックイン時の案内では「夕食18時、朝食8時」と言い渡されたが8時30分開始の人たちがいた頼めば融通してくれるのだろうか?初期配膳お茶は中居さんが注いでくれる。お茶を飲みながら後から来るものを ...

夜の湯宿街道はどんな雰囲気なのか人通りは殆ど無い。国道ではバイブ会議が下痢みたいな音をさせ続けているのを除けば静寂真冬の芯まで冷える季節に再度訪れて、心まで凍えてみたい寂寥とした風情と冬の寒さの組み合わせが絶対に心に染みるはずだその冷え切った体を共同湯の ...

18時と6時に「ピーンポーンパーンポーン(のような)」音がなる。これは館内放送なのか町内放送なのか区別がつかなかったが部屋にいても爆音だった。回廊の天井から音が出ているチェックイン時にどの食事処か案内を受けているので、自分で向かう湯宿温泉はどこに泊まろうか悩 ...

風呂最初は暖簾の色が同じなので入るのに躊躇する脱衣所の前でスリッパを脱ぐのから、混み具合が分かる女湯温泉分析表には加水ありとのことでしたが、おそらく湯量のみでの温度調節している夕方以降は1時間毎に温度を測って調節していた。22時以降は朝まで調節がないから明け ...

↑このページのトップヘ