建物に入ると「ロッカーに靴入れて鍵を受付に~」と声を掛けられます。
P_20171213_093549_vHDR_Auto
が、宿泊者はこの靴箱使わないので「宿泊です」と返事するよろし

17時前だがチェックインさせてもらえた
P_20171213_093601_vHDR_Auto
ビジネスホテルのように料金前払い。部屋の鍵と宿泊棟利用者証明書(以降フリーパス)とポイントカードをもらう

大浴場を使う時は部屋の鍵とフリーパスの両方を渡す。 
BlogPaint
紙が何往復かしているうちにクシャクシャになって、面倒といえば面倒なんだけどね。フリーパスはチェックアウト後も使えるので理にはかなっている

ポイントカードはすぐいっぱいになっちゃいそう
P_20171213_181238_vHDR_Auto
一人旅なら3回で1000円引きBlogPaint

宿泊棟へは駐車場に降りずとも建物横に近道があります。帰る直前に気付くP_20171213_131430_vHDR_Auto

宿泊等にはフロントはない
DSC03382

100円入れる靴箱。飲まれちゃうかと思ったらお金は帰ってきた
DSC03381
宿泊棟に入ってまず思うのは「立派じゃね?」
DSC03380
綺麗で新しく、ビンボー臭さが全く無い
DSC03379
誤解を招くようだが、自炊とか湯治とか素泊まりとかいうものにはコストパフォーマンスは必ずついて回るので「綺麗」とか「豪華」とかは(基本的に)後回しの世界なんです。

貸出用の食器類・調理器具だってほら、こんな清潔でしっかりしてるなんて最高じゃん
DSC03371DSC03375
DSC03374

食器類も人数分、かごに入ってます
DSC03373
一人旅だし、とスーパーで惣菜ばかり買ってきたことをとても後悔した。

自販機もあるので飲み物(ビール)にも困りません。至れりつくせり
DSC03376

トイレとコインランドリーもあるDSC03370

DSC03377
DSC03378

館内にスリッパはないから素足で歩くが綺麗なので気にならない
DSC03368
温泉分析表を見たら源泉所有者が「有限会社宇都宮ブルドーザー」となっていて個人じゃなくて会社所有施設なのかと妙に納得する。個人施設特有の「老朽化を放置」が全くない

デラックスは突き当り6号室
DSC03369