スマホで著莪の里ゆめやを目的地にするとここに案内される

ここは旅館の裏手になるので信じてはいけない

正しいのはこの経路。ピンの部分が入り口

案内看板は地味なので見逃して富士屋まで行ってしまった。

地図だと敷地面積が狭そうに見えるが、用水路が敷地内に流れているので広い

外気導入にしていたから駐車場に入ると温泉の臭いが車内に広がる。重厚なモワッとした臭い。温泉には期待していなかったので驚く。温泉旅館に来た気持ちが高まる
IMG_3148

駐車場に着いて荷物を降ろしているとおねえさんがダダダッと走って来て荷物を持ってくれる。いつものように「自分で運びます。大丈夫です」と固辞しても「足元が悪いですから」とかなんとか言いつつ鞄を奪ってしまう。高級旅館、荷物を運ばせてくれない問題勃発である。今までは食い下がられることがなかったが譲り合い合戦はあっけなく敗北した。とmこさんはバックパッカーwなのでこれを華麗にクリアする。流石だ。

雪で外に出ることはもう無いと、とmこさんは判断したのであろう。歩きながらのパー子撮りなのでライブ感あふれる画像になっている。キャハハッ
BlogPaintIMG_3150
おねえさんの袴、魅惑的
BlogPaint

これ、玄関なんだけど呼び名あるんだろうか?広すぎて圧倒される
IMG_3259
こんな広いのにひゅっと通ってお終い


IMG_3261
こんな空間もある
IMG_3258
小正月飾りがかわいい。食事中によく眺めた。この後も「かわいい」がたくさん出てくる


ロビーで一段落。しんとしている。音楽が流れたりはない
IMG_3153
本日は我々含め2組のようだった

お茶とお着き菓子を頂く。おしぼりが暖かくて心がほぐれる
IMG_3156
団子の柄が良いでしょ。目を凝らしていると和柄の可愛らしさが館内に溢れてる

胡桃を干し柿で巻いたもの
IMG_3158
柿が甘すぎず素朴で優しい。最近は柿と乳製品を合わせるのが流行っているけど

宿帳記入時に苦手食材の確認と飲み物の注文をする

部屋は一番安い部屋を予約していた(10畳和室)。30000円から新春値引き5000円引きで25000円。が、案内された部屋は12畳和室+ベッドルームの40000円の部屋。部屋食も選択できたから43000円と同じもてなしを受けた。書かないでおこうかなとも思ったが楽天の口コミにも普通に無料グレードアップの話は出ているので良しとした。平日の宿泊者が少ない時の話だから参考程度に。とむこが書いてたとか嫌だから

館内図は朝食の案内が見やすかったので使う。でも一番見やすいのはHP
BlogPaint

公式HP予約だと1000円分の割引チケットがもらえるIMG_3523
チェックアウトまでに何処かへ行ってしまった

101夕霧
IMG_3203

スリッパ使用を前提に作られたが現在はスリッパは使わない、ということなんだろう。結果としてやや奇妙な位置に絨毯が敷かれている。冬という季節もあって石たちはギリギリ冷えている。
IMG_3204

素足だとやはり冷たい。まぁ足袋を履けってことだ。
IMG_3416
スリッパを使わなくなったのは結構昔からみたいだから、改装しちゃった方がスマートなんじゃないかしら(他人事)

12畳和室に
IMG_3178

4畳の広縁?
IMG_3186

2畳の支度部屋
BlogPaint

ベッドルーム
IMG_3243
というのが大まかな構成となる。

普段6畳間に泊まるばかりなので身体が馴染まない。


まず、わからないこと
IMG_3185
座椅子に座布団が鎮座している。座布団の使い方で揉める。結論から言えばこの部屋は使わなかったので椅子も使わなかった。使わなければ使い方を知る必要はない( ー`дー´)キリッ

座布団を背もたれにしようとして座れない人が一人BlogPaint

ほぼこの4畳間で過ごす。
IMG_3189
なんとなく落ち着いちまうんだ。狭いからw

天板がかわいそうな状態になっているが
DSC03622
夕食後、このテーブルに冷水やらが用意されていたのでそれが原因だろう。でもここが寛ぎの場になっていたのは我々だけではないって感じの使用感。

ラップトップで遊んだり椅子2つ使って寝転んだりしたりしてました。Wifiは「ロビー」「ことり葉(後述)」「2階宴会場前」で使えますとなっていたけど夕霧に関して言えば客室内でも問題なく接続できました。SSIDが一杯あって迷うほど。フィルタリングしてるのか表示されないサイトがあったりしたけど概ね満足。

テレビの下には金庫と電話が隠れている
IMG_3200
IMG_3199


お香が焚かれていた。売店にもいろんなお香が販売されていて匂いフェチが居るのかな
IMG_3191
館内禁煙のなので煙草隠しではない

所々で香炉を見かけた
IMG_3196

空調は中央管理。風量で調節
IMG_3415

支度部屋。
IMG_3171

うちにはお化粧する人いません
IMG_3177

シロンSは胃薬。絆創膏はありがたく使わせて頂きました
IMG_3419

クローゼット
IMG_3167

見えているのは作務衣。記憶が定かではないが作務衣の下に浴衣があったかも。
IMG_3163
FreeとLargeって意味だと思う

作務衣の着心地は良かった。テーブル使ったのはこの時だけIMG_3417
かわいい竹柄。笹を描かずに崩した格子柄になってる

羽織と足袋
IMG_3168

ちょっと小馬鹿にしたカモメ?IMG_3253

我らは凸凹コンビなので特大と特小の浴衣をお願いする
IMG_3169
瓢箪柄も楽しい。生地が白いからすけて実用性に問題あるかと思ったけど大丈夫だった

コロコロバッグには布があてがわれていた
IMG_3175
部屋にこんな案内があったので、被害が大きいのかもしれない
IMG_3524
僕のバッグもコロコロさせない為に奪取されたのかも。その辺の常識は分かってるつもりよ
でも旅館は「注意」ができないから大変だよね。注意できなければ奪ってしまえ!

ベッドルームは1度踏込みに戻る
IMG_3242

12畳と比べちゃうからコンパクトに見えるけどとても豪華な空間
IMG_3244

眺望はない
IMG_3252
中陰五三桐?


寝具も良い。掛ふとんはでっかいのに軽くてフワッフワ
IMG_3251


ぽんと置かれた椅子はIMG_3247

マッサージ機能付き
IMG_3526
このボタンを探すのに5分かかった。最初は椅子からコードが伸びてる理由がわからなかった


なんだかんだ高級旅館は良いよな。

「良いお湯さえあれば!部屋なんていないから!!!」と今まで力説してたの、負け犬の遠吠えみたいでちょびっと恥ずかしいもん。一番の問題は良いものを知るとその質を落としたくなくなるという、価値感の変化が起こってしまうことだよなぁ。これは悩ましい…

まだつづくよ