連泊するので宿帳記入時に弁当の希望欄にチェックを入れておいた。ちなみに最寄りのコンビニまでは45km

そうそう、目的の一つ。ご夫婦に押さえつけてもらって岳の嫌がることをした。ざまぁwBlogPaint

連泊で何をするか?我々には散策するようなバイタリティは無い。動かないことに価値がある
朝酒を煽っているように思われるかもだが、飲酒欲求は全く無い。酒は高揚感と引き換えに感覚の鈍化と眠気が起きる。そんな状態で朝から過ごすのは勿体無い


とmこさんは酒も呑まないのに昼までぐぁーぐぁー寝る。夜寝るのは勿体無いとかいってるのにさ。遅くまで起きてたんだろうね

とむこは修行のように20分風呂に入って40分休むの繰り返しで風呂と部屋を往復する
10時を過ぎると直射日光が露天風呂に降り注ぎ、気持ち良いかと思ったら眩しすぎて湯浴みには向かなかった。標高が高いところの紫外線は熱くて痛い

連泊は我々だけなので男湯を貸切にして下さり、とmこさんは男湯を満喫してました。良かったね

さて、お弁当は内容変更。以前はおにぎり2個(1合位?)だった
IMG_6295
最初これを見つけた時はちょっとがっかりした。あの美味しい米爆弾が半分になってしまった、と。

朝食時に受け取る。本来は登山の途中で食べるもの
IMG_6422
さっき書いたようにお昼ご飯を調達するにはちと遠い。ちなみにさっさと帰るなら下り道で2時間ほどで夫婦渕駐車場に着けるから弁当は必要はない。

湯治宿ではないので連泊用のお昼メニューは無いと思う。聞いてしまえば分かるけど尋ねることでプレッシャーを与える原因になりたくないから尋ねない。接客業の人には変な負荷はかけたくない、同業者として。


お箸とおしぼりが付いている
IMG_6423
おにぎりは自分で海苔を巻くようになっている
IMG_6425
昆布の佃煮と甘い梅干し、HOTEIのやきとり(たれ味)がおかず
IMG_6428
宿の意向ではなくてお客さんの要望を受けてのリニューアルなんだろうな。だってお米を節約するならおひつに大量のご飯を詰めないもの。こちらの方がバランスは良い


とmこセレクトの携帯食
IMG_6529
帰る日の朝食後、荷物を減らすために無理矢理食べたがバナナケースの体積は減らないね。荷物は軽くなるけどバナナの分身体は重くなる
僕は心配症なので板チョコ・スニッカーズ・月餅・チップスター・DARS・カップラーメン・おかん器を持ってきた。宿で食べる用じゃなくて遭難w対策として。でも殆ど消費しなかったから次回は板チョコ2枚に減らそうっと