何もしないで風呂と飯を楽しみ3日目の朝食時には旅館内でニートのような存在になりつつある。自宅以外でニートになったらそれは「貧乏神」だ。そろそろ下界へ降りなくちゃ

我が家の「とぅこちゃん」や「べんこ」や「めくそ」が待っている


最後の朝餐by手白澤温泉
IMG_6503

雪になったりみぞれになったりの外を眺めながらお茶を飲む
IMG_6504IMG_6519

朝食の料理も前日と被っていない
IMG_6507

相変わらず多い。2時間後に歩くことを考慮すると完食は難しい
IMG_6509
実は前日の夕食時に「お櫃じゃなくて良いから(泣)。お茶碗で出してくれれば良いから(泣)」と申し出てみたが「またまたぁw」みたいな返事が帰ってきてしまい、ダチョウ倶楽部のようになってしまった。

一杯だけに留める
IMG_6518
お茶を注いだり、ご飯をよそったりするのはどういうわけかいつもとむこ。いつの間にか暗黙ルールができている。その代り、出されたものは文句を言わずに受け取るのもルールだからいっぱい盛る

男尊女卑とかジェンダーフリーとか死ぬほどどうでも良いけど昔ながらの旅館でお櫃が下座側(この上座下座もどうでも良い)に置いてあったりすると僕が下座に座るので(これは景色が良い席を譲るという親切心もある)、作法を知らない人たちに見えるのかしらと思ったりする。まぁ実際変な顔をされたりする

IMG_6521

良い絵だ。お腹が鳴る
IMG_6522

サラダ・ベーコン・ゆで卵
IMG_6520

飾らないパキッとタレ納豆
IMG_6511
IMG_6525
添えられた薬味を乗せると旅館らしくなる
IMG_6527

ニジちゃんは夕食のような塩焼きではなくて、表面に油を塗って焼いてある感じ
IMG_6515
パリパリしていて川魚のどんより感がなくて旨い。もちろん丸呑みオッケーな焼き加減

キノコと
IMG_6512
お新香で完食
IMG_6510

2泊しているから、体力は回復している。チェックアウト直前まで湯に浸かって帰ろう!
単純泉だけど硫黄が肌の脂を取ってしまうのかちょっとガサガサです