チェックアウト後

実は満山荘を予約する前、田沢温泉のますや旅館に振られていた。次回の宿題も兼ねて共同浴場に行ってみる

沓掛温泉から車で10分の道のり

温泉街に入ると石畳が現れて、車で入ってよいのかしらと戸惑うが進入しても大丈夫

駐車場は2カ所に分かれて15台は停められるが、すでに半分埋まっている
IMG_0328

IMG_0329
IMG_0339
IMG_0337
IMG_0338

女湯の写真が取れたんだねぇ
IMG_0340
男風呂も左右対称で変わらない


小倉之湯に続き有乳湯でも、脱衣所の扉を開けたときに挨拶をする。若い人が二人談笑していて一人は顔を背け一人はつられて挨拶を返すが苦虫を潰したような顔になり会話を止めてしまう。話しかけられて固まる幼稚園児みたいで可愛い。

こういう土地なんだ、となんとなく理解する。たまたまかもしれないけど、今後この2つの共同浴場では挨拶しても得るものはないだろうと判断した。

女湯はそんなことなかったって。「今日は空いているからゆっくり入っていきな」と地元のおばちゃんは声をかけてくれたそうな。

さておき、有乳湯は凄い。強烈な泡付きで炭酸泉かと思うような鮮度を持っている。お湯は39℃ほどだろうか?熱くはないのにすぐにのぼせる。浴場が蒸し蒸ししているので冷たい空気に当たりながらこのお湯を楽したら最高だねぇ、なんて思いながら10分で上がった。長く浸かると汗だくになりそうだったのと、地元の爺さんが湯船に手ぬぐいを浸しながら手ぬぐいで耳垢掃除を始めたから。待ち合わせは50分後だけどまぁ良い。近々田沢温泉に宿泊しよう。

道の駅あおき
IMG_0349

まだリニューアル中で駐車場は狭いけど農産物直売所が綺麗で広い
IMG_0348

野菜を購入
IMG_0347
IMG_0344

おやきも買わないと
IMG_0345

鯉の唐揚げ・鯉のウロコ唐揚げを買おうと思ったが試食で沼の味がして断念IMG_0341
そのかわり鯉の甘露煮を買いました


青木村から上田市に向かう143号線は路肩の車が勢いよく飛び出そうとするので心臓に悪い。もちろん無理矢理車道に出てくるわけではないけれど「できれば一時停止したくない」気持ちを強く感じる。長野県内で運転はそれなりにしているけれど、運転していて怖いと感じたのは初めて。地域的な気質が影響しているのだろうか?

対向車線の路肩から車が減速せずに出てくる。運転手は自分の曲る方向がわかっているから良いけど対向車の僕はその車がどちらに曲がるかなんて判断できない。だからとてもヒヤッとする。田舎のおっさんがそういう運転をしているのかというと、小さい子供を連れた若い女性だったりする。進行方向に車がいなくても必ず一時停止、してよね

スーパーめぐり。唯一の観光
IMG_0352

もみ粕って知らないから買います
IMG_0355
小口切りのきゅうりに和えるのだけども、砂糖も大量に使うのであま~い一品になりました。

アリオ上田店
IMG_0356
福島でイトーヨーカドーに寄ったときは面白味がなかったが下調べではお土産が買えそう


馬刺しが売っている
IMG_0362
熊本の逸品とか書いてあるけど、カナダ産だよ。国産馬刺しが品薄なのは知っているから興味本位で買う

一角におみやげコーナーもありました
IMG_0363

上田城をさらっと通り過ぎて、岡崎酒造。昨日のんだ亀齢を買いに
IMG_0364
駐車場は店舗の真向かいにあります

IMG_0365
IMG_0366IMG_0368IMG_0369


亀齢を4種類、試飲させてもらう。5cc×4杯で心がフワッと軽くなる
IMG_0371
運転交代

酒粕も買った
IMG_0367

店舗の横に年代物のお雛様
IMG_0378

酒樽を使った小部屋
IMG_0380
最近テレビで放送されたようです

隣のパン屋はお休みだった
IMG_0383
数年前に併設されたカフェでお昼を食べたけどあんまり美味しくなかった記憶ががが

道の駅 ららん藤岡
IMG_0387
高速道路から降りずに寄ることができる

目的はガトーフェスタ・ハラダ。上りからしか寄れないが、下りで寄れればお土産に最高なのに
IMG_0389


今回のお買い物たち
IMG_0391
IMG_0395
IMG_0402
IMG_0397

馬刺しは旨かった。ポーランド産よりもしっとりきめ細かい
IMG_0406
IMG_0407
IMG_0419

ハラダのフランスパン。ちょいレアアイテム
IMG_0467
おしまい