2018年8月宿泊         

〒963-1309 福島県郡山市熱海町4丁目 39 4丁目

※今回 磐梯熱海温泉きらくや(福島)→青根温泉不忘閣(宮城)→肘折温泉西本屋旅館(山形)→いわき湯本温泉伊勢屋旅館(福島)と南東北をぐるっとします


今年のお盆は休まずに仕事をしてお盆明けに休みを作った。自営業が連続した休みを取れるのはかなり貴重なので遠くの温泉へ行ってみる事にする。遠くまで行って連泊するか周遊するか迷ったが色々見てみたいのでちょこちょこ移動で日程を組んだ

今回は1年ぶりの一人旅。新鮮味もないし写真撮るのがめんどくせえ!!最大の懸案事項が写真を忘れずに撮る事。もうね、これだけでブログを辞める十分な理由になるが、ブログを書くってのは自分の為になるって最近思うので頑張った。ただし、オッサン一人が写真をバリバリ撮るのは明らかに怪しいのでどこでも写真撮影の許可を得ながら低姿勢で撮りました

遠くの温泉地には行きたいが1日の移動時間は3時間程度に収めたい。初日はお昼に出発して福島県に着くことが目標なので宿選びは楽だった。

きらくやは旅館のコンセプトが自分の嗜好にぴったりなのでいつかは泊まってみたかった宿、というかビジホに近い

館内も客室も禁煙
食事は自由(外食でも食事処の使用でも)
お仕着せのサービスをしない

HPに詳しく載っているので見たらよろし。


問題が一つある。食べ物・飲み物の持ち込みが禁止されている。外食または食事処のみで客室内の持ち込みは売店で購入したもののみ。温泉街が賑やかであれば外食の選択肢が広がるが選択肢は3店舗くらいか、禁煙の店はない。郡山駅に行く電車は1時間に1本(車を使えば良いのだけど酒は飲みたい)。


スマホに頼る旅となるのでこれらを活用しました

ネックストラップ
デジカメが目立つ時にはスマホが便利。首から下げていると写真の撮り忘れが少ないです。外すとリングストラップになる。情報の取得はスマホ頼りだから紛失防止にも

ヘッドセット

このヘッドセットは運転中の必需品となった。耳をふさがないので安心して装着できる。骨伝導ではなくて小さいスピーカーから音が出てきます。最近は車のカーナビを使わずにスマホのナビを使用するので耳元で案内が聞けるのは助かる(車が古いからスマホを繋ぐことができない)。4~5時間着けていても疲れないし、着けているのを忘れるくらい軽い



チェックイン前にお店にいくつか寄るが、持ち込み禁止なのでシミュレーションとして、ブログ的に寄っただけだよ

ヨークベニマル 桑野店
P_20180819_142342_vHDR_On

国産馬刺しが売ってましたP_20180819_142827_vHDR_On

ヨークベニマルの裏にある「肉専」(map)
P_20180819_143919_vHDR_On

馬刺しが買える。ネットで予約が可能なので便利だ
P_20180819_144020_vHDR_On
P_20180819_144022_vHDR_On

googlemapでやたら評判の良かった酒屋「泉屋」(map)
P_20180819_144857_vHDR_On
店に近づいたら、駐車場の誘導係りがいる。そんなに盛況なのか?

下調べでは、とても小さいお店に見えて、実際に訪れても混むような派手さはない
P_20180819_145427_vHDR_On

こんな店内。お酒を見るにも一苦労する混雑ぶりBlogPaint
酒蔵の杜氏だか若社長だかも来ているし

土産用に数万円分まとめ買いして郵送する客がメイン層らしく、旅行中にふらっと一本買う人には場違いな雰囲気。店員さんはそういう客を無下にするわけではないが、居心地は悪かった。


さてシミュレーション(時間潰し)はこれ位にして宿に向かおう


きらくやの駐車場は手間取った
P_20180819_152735_vHDR_On

とりあえず、旅館前に車を進めると平置き3台、建物下に数台停める事ができるのが見えた
P_20180819_152740_vHDR_On

擦るギリギリの高さで、且つ駐車場は傾斜している。すごく停めにくいP_20180819_171314_vHDR_On
なんとか駐車場に収めたが、ここは鍵を預けなければいけないので荷物が取り出せなくなって不便だ
と思っていたら、平置き駐車場が空いたので駐車し直す。

きらくやの手前に第二駐車場があるが、初見では分かりづらい。
P_20180819_171408_vHDR_On
看板も木に隠れちゃってるし。最初からここが分かれば難易度はずいぶんと下がったはず
P_20180819_171406_vHDR_On


旅行初日のとりあえず宿泊が目的の場所に到着です
P_20180819_152759_vHDR_On