完全放流式かけ流しの旅館を目的にしたことで三水館から足が遠のいていた。こういった拘りは旅館の選択肢を狭めてしまうので良いことは一つもない。なんでもそうだけど、拘りは少なければ少ないほど人生は楽で楽しい。
pano_3x3_6553634_1545116924000
冬はこの空間だけ寒いからダッシュで

夕食時に男女入れ替えなので、男湯・女湯は看板次第

良い雰囲気
pano_3x3_6553631_1545116750000
IMG_0202pano_3x3_6553629_1545115692000
IMG_0203

循環あり・消毒あり・加温あり。でも、オーバーフローも10L/分はありそうなので随時源泉投入されていると思う。源泉だけ別口で投入されていれば更に嬉しいところだけど(そうしていた痕跡のようなものはある)贅沢は言うまい。ブツブツ言いながらも6回は浸かる

鹿教湯温泉は基本的に無色透明でほんのり渋みのようなエグミのような味がある程度なので加水されていてもあんまり変わりません

もう一方の湯船
IMG_0064

とm子情報だと「このドライヤーは毛が頭皮から千切れそう」なパワーが有るようですIMG_0068
毛根が弱っている人は注意だ


pano_3x3_6553706_1545180648000

浴槽の木が黒ずんでるIMG_0065
人によっては汚く感じるかもしれないが、渋くてかっこよいです

今回宿泊した人たちは、マナーが良かったなぁ。椅子や桶がいつもこの状態
IMG_0067


pano_3x3_6553707_1545180670000
IMG_0066
ここもオーバーフローあります

シャンプーが濃くなってた。手に取っても流れ落ちない!
IMG_0192
リンスは相変わらず、シャバシャバー