さて、夕食だ。三水館といったら食事がメインだ

僕は仕事で頂き物のサバランを昼食代わりに食べたけど、とm子さんは朝から絶食。意気込みが凄いでしょ。「空腹は食事の最高のスパイスだ」って書くと、空腹で食べれば何でも美味しい!みたいになっちゃうね。そうじゃない。美味しい食事に挑むにはそれなりの覚悟が必要である。そして、夕食時に少しでも「まだお腹が減っていない」と感じたら夕食に失礼なのだ。

情報として、食事処は個室が3箇所、オープンスペースに2+2卓。どこに案内されるかは部屋のランクと関係してないみたいよ
IMG_0097


オープンスペースは簾で仕切りはあるが、隣のお客さんの会話は丸聞こえ。なので、隣のお客さんの民度によって食事の楽しさは大きく変わる。運が悪ければ本当に食事が楽しめないし苦痛な時間になってしまう。と、そんなことを書いていて思い出したのだが「一本木」という個室の隣の仕切りが襖なので音の逃げ場がなく、食事処よりも酷い思いをした。

だからまぁ、運だ。質の良い旅館には質の良い客ばかりかというと、そうでもない。人気のある旅館には色々な人が出入りするもんだな、と感じる。(普段から平日泊で閑散としている旅館に泊まる事が多いから、賑やかな旅館では特に色々と感じるのかもしれない)

僕らは旅館の滞在中にリクエストや要求を殆どしない。多少の不便・不満があっても「ブログネタができた」程度に受け止めてヘラヘラしている。でも、ある日の夕食で隣の客があまりのクチャラーでゲップも酷く、朝食はその人達から離れた席にしてもらった事がある。その件が原因となったのかわからないが、それ以降は常に個室になってしまった。たまたまなのか配慮の結果なのかは不明だが、いつも個室が割り当てられると「やっぱりあの時、我慢しておけばよかったな。ブラックリスト入りしてんのかな?」とやや気を揉んでしまった。でも個室のほうが良いじゃん、と思われるかもしれないが、そうでもない。オープンスペースの方が好きだ。特に朝日が差し込む場所で食べる朝食はとても気持ちが良いし、故ニャン蔵がヒョイッと現れていけないところを毛づくろいするのを横目に食べる朝食は個室では叶わない。僕は今でもニャン蔵を見ることが出来るから、余計にね。



今回は個室の呪いが解けたのか、食器の並んでいる大きなスペースでお隣さんも良い人たち。ベストな環境だ。夜はこのテーブル席が、朝はガラスの扉の向こうの窓際が特等席だと思う。


給仕をしてくれる地元のおばさまたちのメンツも変わらず皆さんお元気そう。一番小さい可愛らしいおばあちゃんが大好き(みんな好きよ)なのだが、やや恥ずかしそうに「お久しぶりですね」と言ってもらえて非常に嬉しかった。2年という歳月は長い。宿泊される人数もとてつもなく多いだろうが、覚えておいてもらえたというのは、何よりのおもてなしである。今後はこのおばあちゃんに会いに三水館に通う気がする。


IMG_0096
IMG_0098

今回は料理の説明がちゃんとありました。
IMG_0100
ただし、説明があると思ってなかったのでメモできず曖昧になってます

冬菜のおひたし
IMG_0102
アブラナ科。味付けの妙なのか苦味は感じなかった。埼玉だとかき菜が似たような野菜になる。

鞍掛豆と名前を忘れた野菜
IMG_0103
「くらかけまめ」って言われてその場でふわぁっと頭から消えていった。即座に漢字に直せない言葉って覚えられないね。なぜ今説明できるかというと、農産物直売所で似た豆を買いまくり(煮てみないと分からない)見つけることが出来た。無駄な努力だ

野菜に比べて目立たないけど、色々な品種の大豆が安価で買えて体にも良いので買ってみてください。

オレンジ色の野菜はヤーコンのようなシャリジャリした食感だったけど謎のまま。

楽しみにしていたお寿司がない。残念!
IMG_0105

大根入り卵焼き
IMG_0107

胡桃を干し柿で巻いたもの
IMG_0108

春巻
IMG_0109
豚肉とりんご
IMG_0125
ちょっと前に泊まった野沢屋さんと被った。この食材の組み合わせは流行ってる

わかさぎの南蛮
IMG_0104
一つの赤が画的な美しさを演出する

青大根のソテーもありました
IMG_0110


メニュー表は綺麗になっていたよ

数年間ず~~~~~っとばってんだった〆張鶴は無くなり
IMG_0164

こんな感じで種類も増えた
IMG_0132
それでもちょちょいと黒塗りしちゃう「あぁ…」なところは変わらないけどね

オラホビールのアンバーエールはおすすめ
IMG_0116

とmこセレクション みかんじゅーす
IMG_0115

小布施ワイン 白 オービュース2017
IMG_0117
2年前の3,000円から4,000円への1,000円値上げだが、まだ安い。

輸送用の保護ラベルwを剥がしてもう一度
IMG_0187
小布施の白は三水館の料理にピッタリ。甘くなくて強めな酸味が口をリセットしてくれる
IMG_0186
裏のやけに熱量の多い説明文が、ワインの涼しさに比べて暑い

鍋の火は最初から
IMG_0113

使われていたマッチのデザインはレトロIMG_0156
IMG_0157

飲み物が届いてからねぎ鍋が来る
IMG_0121
ぱっと見は「量が減った?これなら余裕かもと思ったが器マジックだった

以前はこんな感じ
DSCN3892
タワーのようだったけど、今回は器が深くなってただけで量は一緒

水分が吹き出ている松本一本ねぎ
IMG_0130
ぬたっとした水びたしのようなねぎ。帰り道の直売所で買ってもこんなに水分出てこないんだよなぁ

で、箸なのか木の棒なのか判別しにくい物で滑りやすいネギを頑張って鍋に投入
IMG_0129
豆腐、1人5切れあります

豚肉はしゃぶしゃぶ感覚で良いとのこと
IMG_0138
調理しながら前菜を味わうことができるので、食事のペースはゆったり。急いで食べなくてよいのは嬉しい

出来上がり
IMG_0139
ネギが薄く長く切ってあるので、啜りながら食べていると麺を食べているような気持ちになる。長ネギを使った低糖質麺鍋、流行るぞ。

毎度毎度思うのだが、ねぎ鍋は(豆腐の)量を減らしても良いんじゃないかと思う。一人あたりお椀3杯食べ終わる頃にはお腹が一杯になってしまう。僕が「もうごちそうさまでも良いや(腹8分目)」って話している時にお隣の席から「もうお腹いっぱい」って声が聞こえてきたから僕だけがそう思っているわけではない。汁を出来るだけ飲まないようにしてお腹が張るのを防ごうとするが、ネギのトロトロ成分がとろみのようになっていて具だけ取り出すのは難しい。それに汁がうまいの。残せない。
IMG_0143
鍋が煮詰まると出汁を追加でもらえます。これも旨い。ごくごく飲みたい
IMG_0144

信州サーモンの漬け
IMG_0140
昔は信州サーモン、その後はシナノユキマス、前回ジビエの鹿肉、で一周回った感じ?
IMG_0141
(希少性で言えば、シナノユキマスを出す旅館は殆ど無い)

舞茸と里芋の煮物
IMG_0145
柚子の香りがうわっと顔を覆った後から舞茸が追いかけてくる
IMG_0149

かぼちゃ豆腐
IMG_0150
自分のバカ舌を披露するようだけど、三水館の〇〇豆腐って味がしない
IMG_0151
食感と出汁ジュレを楽しむ。馬鹿舌だから

サラダ
IMG_0153
ポテサラ初体験。サラダはなんというか分厚くなったね。野菜の塊?IMG_0155
野菜が好きなので褒めてます。もっともっと分厚くても良い

信州サーモンの西京味噌漬け
IMG_0158
3口サイズで助かった

煮物の時点でお腹10分目。焼き物を食べ終わるときには13分目。

奥の手で「キャプテン・クロウ エクストラペールエール」
IMG_0160
すっごい苦い。これで胃に鞭を打つ

酢の物でも同じ効果はあるんですけどね
IMG_0161
IMG_0162 

漬物が来て
IMG_0163
IMG_0166

牛蒡ご飯
IMG_0168
こんな美味そうで(勿体無いから)辞退できないじゃん
IMG_0170
IMG_0169
15分目です

ロビーでデザート
IMG_0176
ぜんざい・きなこアイス

ナット・キング・コールが歌ってた。falloutのBGMで使われていた曲があって、他にお客さんがいないことを良いことに(今回もドベだった)その曲をアンコールする。静寂とか静謐とかいう表現が使われるけど、夕食後のアルバムのセレクトによっては結構賑やかになるロビーです


もう動けない…
IMG_0183
ロビーの音楽が薄っすらと聞こえるの聞きながら唸る