2019年1月宿泊

今回・次回は着きません

さて、肘折に向かいます。

肘折でどの旅館に泊まろうか悩む。湯治食があればどこでも良かった。別にね、埼玉からガソリン撒き散らして山形まで行かなければ湯治食にありつけないのかといえば、全くそんなことは無いのだけど、温泉街自体が湯治文化を守っていて、大抵の旅館で小さいお膳に乗り切る食事を用意している温泉地を他に思いつかなかった。シチュエーションはとても大事な要素で、やはりそういう根付いた文化の元で出てくる湯治食は、他の温泉地で食べるそれとは違うんではないかというのがきちんとした理由である(ぶっちゃけ冬の肘折に行きたかっただけなのだが)。

とりあえず条件を決める

湯治食プランがあること(絶対条件)
駐車場が宿から近い(車に積んである物の出し入れが多いので結構重要)
ネット回線が実用的な事(暇つぶし)
自炊設備があること(今後自炊で泊まるかもしれないので)
近代的過ぎないこと(湯治と鉄筋コンクリートはイメージ的に合わない…)
できれば禁煙


前回泊まった西本屋旅館も条件をクリアしているが、評論家気取りの宿泊コレクターの類や輩なので違う旅館も見てみたい。連泊時はお昼の軽食も出るという木村屋旅館に電話してみるが休館日に被ってしまった。やっぱ西本屋旅館で良いやなって思いながら口コミを見直していて「廊下とか大変寒い」を見て少し思い留まる(実際の所は分からない。他人の感想なので)。年寄りだからヒートショックが心配じゃん?

最終的に、旅館勇蔵には温泉を使用した館内暖房があるとHPに記載されていたので予約を入れる。館内暖房がなければ僕の中では優先順位は結構低かった。その理由は外観の茶色いトタンがやや旅情に欠けるという事と、温泉街の片隅に位置していてストリートビューが見られないという、旅館にはどうにもならない事でした。人というのは理不尽なものさ。

湯治食プランで宿泊料は当然安いから、予約サイトを経由して利益を減らしては申し訳ないと公式HPで予約しようとしたが、会員登録時に生年月日と職業の入力が必須になっていたのでやっぱ楽天から予約した。旅行と関係ない個人情報をばらまきたくない。


冬のキャンペーンを実施していて(7,000円以上のプラン利用者)

24時間積雪量が
30cm~44cm 500円引き
45cm~59cm 1,000円引き
60cm~   2,000円引き
446cm以上(記録更新)10,000円まで宿泊費無料

雪が降れば降るほど割引額が大きくなりますが、24時間で60cmも降られたら交通機関止まるぞってレベルなので長逗留できない人は心穏やかには過ごせないだろうね。



旅行本編についてはここから

小野川温泉をチェックアウトして、パンを買う。前日に買ったパンが残っていたが、肘折ではパンが手に入らないだろうと予定表に組み込んでいたので必要もないのに寄る。そうしないと到着時間が狂うのだ。予定は絶対!
IMG_1592
IMG_1593

軽くこんなもんかね。ラップにくるまれているのは鯖パン
IMG_1594
おまけに小さいパンを頂く。朝だから空いていたけどここは人気店みたいです

次は地図上で目立っていた上杉神社

最近、交通アクセスで駐車場の場所を知りたくてもgooglemapをぺたっと貼って「ほら、これで分かるだろ」なところ多くない?駐車場が不明確な所はアプローチが不明で観光客にとってすごくストレスなんだよ。昔は独自の見取り図を載せていた所が多かったような気もするが。時代は進み、不便になることも有る。

なんとか駐車場へ辿り着く
IMG_1595
お土産屋さんに囲まれている
IMG_1596
まだ9時なので、駐車場はがら空き。神社・仏閣は人が少なければ少ないほど良い。
IMG_1597 
朝一から玉こんにゃくの準備は万端。利益率高いんだろうなぁw
IMG_1598

上杉博物館があって
IMG_1601

表参道
IMG_1603
IMG_1604

寄らなかったけど松岬神社をちらっと見て
IMG_1605
IMG_1606

堀は薄っすらと凍っていた
IMG_1607
IMG_1608
IMG_1611
IMG_1612

像がたくさん
IMG_1614
IMG_1615
IMG_1616

手水舎
IMG_1617
ぴゃ~って水が出てる。胃液じゃないよ、水だよ
IMG_1618
お大事に

御朱印帳は引換券方式ではなく、その場でサラサラと書いてもらえた
IMG_1622

おみくじ何年ぶりだろう。20年ぶりか?覚えてないや
IMG_1619
IMG_1623
とむこ吉、とmこ末吉。勝った!なんか争うよね

狛犬さんは独特。直線のお口がロボットみたい
IMG_1627

こちらの表情もなかなか
IMG_1628

「狛犬のマスコットとか売れると思うけどなぁ」
「いつかそういう時が来るかもねぇ。でも造形の再現が難しそう」

IMG_1629
敷地面積が広かったが、あっさりと参拝が終わってしまう。


稲荷神社へ
IMG_1631
IMG_1632
お稲荷さんの表情もまた個性的な…
IMG_1633
IMG_1635
IMG_1636
IMG_1637

お土産屋を冷やかす
IMG_1642
試食が豊富&まだ汚れていないのでラッキーだった
IMG_1643
クリームチーズ旨し

IMG_1644

ライスグラノーラは揚げ玉みたい
IMG_1647

試食巡りが楽しい
IMG_1651
人が多かったらさっさと離脱する人(とむこ)なので、こういうのは新鮮
IMG_1652
とmこお気に入り「樹氷ロマン」
IMG_1653
おみやげに買ってた

米沢牛もあった(パネル)
IMG_1654
IMG_1657
IMG_1659
ふんふん


米沢といったら、米沢牛。これは意識しなくても街中に「米沢牛」という字が溢れているので否応なく黒毛和種が頭の中をウロウロする。でもさぁ、前泊が小野川温泉3,500円の素泊まりで今日からの勇蔵が2食付き6,800円で「米沢牛ステーキ(12,000円)美味しかったです(ゝω・)v」じゃあバランスが悪すぎだろう。なので米沢肉の切れっ端的なもので良いから安く牛を食することにする。

米沢駅
IMG_1660

の目の前
IMG_1662
栄太郎弁当を買います
IMG_1665
「5分くらい掛かりますが宜しいですか?」と言われ待つが、店内が狭く椅子もないので居場所がない。午前中で来客はポツポツ程度だが邪魔になってしまうので店外に一度出る。
IMG_1663
やることもないので店内商品をいじる。店員さんは基本注文時以外は奥に引っ込んでいなくなる
IMG_1667

色々と土産が売ってました
IMG_1668
IMG_1670

新杵屋から車移動1分。松川弁当店(map)。小さく見える赤い看板の所が駐車場
IMG_1672
新杵屋に比べると店構えはしょぼい

ズラッと見本が並んでいて違いが分かりやすいIMG_1673
 出てきたオバちゃんに「特上カルビ弁当一つください」とお願いすると
「食べるのはいつ?」
「1時間後くらいです」
「じゃあ、温かいごはんを詰めましょうか?ねっ!」
笑顔が素敵で一目惚れしてしまう。0.2秒で魅了させるのが接客のプロだ。ばばあ、愛してるよ
IMG_1674
椅子が置いてあって、待つのも苦にならなかったけど弁当は直ぐに出てきました。

ブログやってなかったら2つのお店で一つづつ買うなんて絶対しないよな、とブログの弊害についてつぶやきながら運転
IMG_1676
有名なマンションをたまたま見つけました。
IMG_1680
確かに異様かもだけど
IMG_1682
住んでしまえば快適なのかもしれない。それほどど田舎でもなかった。
IMG_1684
今回たまたまだっと思うが、皆さん運転が非常に荒く山形の人って気性が荒いのかしらと感じる事が多かったです。僕自身は不快な思いはしなかったけど、軽自動車同士のバトルとか異様に短い車間距離とか、最近は煽り運転云々で比較的穏やかな道路状況にも関わらず、山形には荒々しい世界が残っておりました。

お土産の宝庫、ぐっと山形
IMG_1687
 
IMG_1688
帰宅するのは2日後なんですが、冷蔵のお土産なんかを買ってしまいます。
IMG_1689

冬は車内が寒いから、冷蔵品が腐らなくて良いね。クーラーボックスに氷と一緒に入れとけば3~4日は問題ない。
IMG_1691
先程買った駅弁を、フードコートで食べる。何も買わないのは無断使用で申し訳ないのでメンチを一つ買う。


500円以上した高いメンチは、まぁ、うん…めんちね…
IMG_1716

新杵屋の栄太郎1,250円
IMG_1707

IMG_1708

牛肉にさしは有りません。噛みごたえがあって黒毛和種では…でも美味しい
IMG_1709
味が濃い目でご飯によく合う。3食になっているのが駅弁らしい


松川弁当 米沢牛炭火焼特上カルビ弁当1,600円
IMG_1700
IMG_1702
IMG_1705
さしがしっかり入っていて、立派な黒毛和牛です。6切れがクドく感じるくらい良い肉。おかずも牛肉シュウマイなのでちょいしつこい。おかずは浅漬けだけでも良いかな。

値段差が450円有るので、一概に比べられませんが、新杵屋でそぼろじゃない弁当は栄太郎しかないので、確実に米沢牛が入った弁当を買うなら松川弁当店が良いかしらと思います。「米沢牛」ときちんと明記されているので。僕はオバちゃんに一目惚れしたので味関係なく松川弁当に通おうと思います。


前回虎の巻が美味しかったので、再度購入。
IMG_1690

農産物直売所も物色。肘折で使うかもといくつか買う。
IMG_1694
セリ・干しゼンマイ・打豆・アピオス・ミニトマト・納豆汁の元
IMG_1695
IMG_1696
次回も着かない