食事は部屋出しだった
IMG_1842

湯治プランは17:30からなのだが、配膳時間はいつも遅れた。但し、今回は他に宿泊者がいない特殊な状況だったので毎度なのかは不明。僕は時間をきっちり守る性格なので配膳10分前には準備を整えて待っているから20分遅れると合計30分待つことになる。こういう待ちぼうけの時間は寛いで過ごせないので愉快ではない

1泊目夕食17:50 朝食08:06
2泊目夕食17:50 朝食08:02
でした


40cmほどの正方形のお膳。この食事のために埼玉から来たのだ
IMG_1861

茶碗蒸しは埼玉からの小さい差し入れのお礼ということなので、湯治プランには含まれません
IMG_1879
想像していたより、豪華な内容だ

日本酒 300円
IMG_1876

IMG_1843
「パインサイダー?」聞いたことがない

注文してみる
IMG_1878
無果汁なんだな。でも、と・と・とmこは気に入ったみたいなんだな


まず、ご飯がお櫃じゃないのが良い。
IMG_1866
湯治でお櫃にたっぷりのご飯が出てきたら、困ってしまう。

なめこ汁
IMG_1867
見た目は味噌汁だけど、酒粕が入っているので粕汁の風味もあります。

「かのかという茸です」IMG_1868
かのかって初めて聞く名前のきのこだなとスマホで「かのか きのこ」でググる。検索トップに出てくるのが「スギヒラタケは食べないで!:農林水産省」になっていて、うわぁやばいもの出てきちゃったよ。「原因も毒素も分かっていないけれど食べるのは止めとけ。」と書かれていた。

きのこの呼び名は地域によって様々で、スギヒラタケを「かのか」と呼ぶ所もあればブナハリタケを「かのか」と呼ぶ地域もあって、スギヒラタケ→傘の裏がヒダ状 ブナハリタケ→傘の裏が針状突起で見分けることが可能です。画像を見れば分かるようにこれは「ブナハリタケ」。食べても大丈夫な茸でした。

一安心

漬物
IMG_1869

ぜんまいだったかな?わらびだったかな?
IMG_1870

赤魚
IMG_1871

ホイル焼きは帆立・海老・椎茸・舞茸
IMG_1882
湯治プランでホイル焼きなんて出てくると思わなかった。勝手な先入観で、湯治食=病院食に近いものと思い込んでいた。

腹8分目です。食後にまだ食べられる余地があるのは初めて!素晴らしく体が軽い

布団はセルフでとのこと。引っ張り出せばすぐ使える状態になっている
IMG_1884
 
2泊して基本出しっぱなしなので、6畳だとちょい狭いかな。仕舞えば良いけどいつもダラダラしたい
IMG_1912
暖房が効きすぎで、ふたりとも布団を蹴っ飛ばして寝ました(暖房を切ると流石に寒い)