今日は文章だけ

寝坊できないのでカーテンを閉めずに寝る。毎日遅くとも5時には起きるので寝坊する確率なんてほぼゼロなのだが、心が小さいので万全の体制を取る。「寝坊してはいけない」というプレッシャーから変な夢を見て4時半に目覚める。外はそろそろ明るくなり始めている。

前日寝たのは23時半だったので4時半起きだと当然寝不足だ。とりあえず風呂に15分ほど入り2度寝する。僕は6時間寝続けるより、5時間寝てその後1時間二度寝したほうが体調が良い。

2度寝から目が醒めたのは6時半。欲張ればあと2回風呂に入れるな、と逆算して予定を組む。朝7時位に朝食の匂いが館内に漂い、素泊まりを心から悔やんだ。

大層に「エ◯ストリーム出社(商標登録されている。面倒なのでぼかす)」なんて言葉がついているが、旅館を早朝に出てそのまま仕事なんてさほど珍しくもない。新木鉱泉とぴのんと乙女の湯に泊まった時も午前の仕事に間に合うように出発している。時間貧乏が一泊したくて仕方なく早朝に宿を出る。それが現状だ。楽しい要素なんて一つもない。楽しめる要素も一つもない。朝食を食べてゆっくりして家路につくのが正しい姿だと思う。


今回は、7時半出発なので朝は忙しく感じなかった。朝早い出発だからチェックイン時に先に会計しておいてさらっと挨拶をして帰れるようにしてあったが、冷蔵庫のビールを飲んだので結局また会計した。帰りはご夫婦で見送ってくださったが、両人とも優しい人柄でまたすぐ再訪しようと思った。



伊香保も少しずつ変化している。禁煙の店もできて僕のような嫌煙家でも心配なく食事が摂れる温泉地になっていた。まだ少し物足りないというか「1回行けば次回は数年後で良いか」的な部分もあるが、その数年後に期待したい