やっと風呂に入ってサッパリできた。15時にチェックインしてもう16時半だ

とmこさんは旅館の場所も名前も由来も知らずに来ているので僕が説明する(といってもロビーに並んでいる本で読んだ付け焼き刃だけど)


この辺の説明は飛ばして良いでしょう
IMG_9267
教養がないので、くwちwびwるwとしか思わなかった
IMG_9290
あえて言うならアアルトに全く馴染んでいない。主張が強すぎる

登るとむこと、そっぽを向くとmこ
IMG_9287


玄関の扉を開けたときの眺めがちょっと感動もんだよね。洗練されているのに暖かい雰囲気IMG_9288
IMG_9282

お土産類
IMG_9285

ロビーはアアルトに於いて一番重要な場所
IMG_9300
宿泊客が少なかったから他の人と会うことは殆どなかった
IMG_9294
満室だと席の奪い合いになるのだろうかIMG_9295
三水館のロビーと同じ空気。洋と和の違いはあるが基本的な心地良さは似ている
IMG_9302
立派な真空管アンプ
IMG_9304
うちのPCL86より3倍位でかい

ローソクの熱でゆっくりと回る
IMG_9297
IMG_9299

ロビーで15時から22時までフリードリンク。呼び出しが「チーン」と鳴るベルなので、少し恥ずかしい。ボタン式で音がならずにスッと現れてくれるとこちらの心理的負担が減る。
IMG_9283
人が常駐しているわけではないので、基本的には「チーン」させた
IMG_9291

無料メニュー
P_20190604_163804_vHDR_On
P_20190604_163807_vHDR_On
P_20190604_163810_vHDR_On

有料メニュー(旅行前に探して、これが見つからなかった)
P_20190604_163815_vHDR_On
P_20190604_163822_vHDR_On
P_20190604_163826_vHDR_On
P_20190604_163832_vHDR_On
白州とか美味しそうなウイスキーも並んでいるけど、有料メニューにも載ってない。洋酒はサントリー角のみっていうのは少し弱い。お飾りじゃ駄目よ


そうそう、アアルトに宿泊する動機の一つが果実酒
IMG_9284
下戸のくせに梅酒含む果実酒作りが大好きなとmこ。理由は「キラキラしてるから」
別に果実酒じゃなくても良いじゃんと思うが、趣味には口を出さない

参考になれば、と思ったが1種類しかなかった。残念
IMG_9305


金柑酒のソーダ割りを頼む
IMG_9303
大きな声では言えないが、自家製の果実酒は大体「ふ~ん」という(さほど美味しくない)感想で終わることが多いのだが、やはり高級旅館、きちんとカクテルとして仕上げてくる。ぎっちりと冷えたソーダ割りに生の柑橘類の果肉が控えめに浮かび、飲むたびに口の中で弾ける。一口飲んで完成度に唸る。正直クソ旨い。

高級な真空管アンプとLowtherのスピーカーから柔らかいピアノが流れ、中庭の軒に設置されている風鈴が無秩序に音を鳴らす。風鈴は僕の背後にあるので直接視界には入らないが、額縁のガラスが鏡のようになっていてちゃんと見ることが出来る

ロビーの寛いだ雰囲気を少し共有できれば。音は大きめのほうが雰囲気が出ます


とmこ絶賛のトイレIMG_9425
IMG_9426
IMG_9427
IMG_9428
IMG_9429
IMG_9430
IMG_9431
こういう写真を撮ってくるなんて流石エアブロガーだな

2階踊り場
IMG_9269
IMG_9270
IMG_9271