フロントへ行き、記帳する
IMG_1598

チェックインする人はほぼ登山装備。僕らのようにラフな普段着の人はとてもマイノリティだったIMG_1599

玄関から見えるロビーはとても綺麗でこれからの宿泊を期待させてくれる。IMG_1600
床もピカピカしているIMG_1603
IMG_1604



左の木造の建物が開業当初からある東館。右の白い建物が新しい西館



IMG_1594

東館は食堂の上に位置するIMG_1674
直前予約で連泊だと東館しか空いていなかった。連休中日で空きがあっただけでも幸運だろう

お姉さんが案内してくれたが、この旅館の従業員は皆さん聡明で精錬されている。野暮ったさや田舎臭さがない。特に部屋に案内してくれた人は雰囲気も良い

フロント直ぐ側の階段を上がる
IMG_1605

廊下の左右に部屋が並ぶ
IMG_1630
IMG_1609
踏み込みは奥行き50センチほど。
IMG_1608

8畳一間
IMG_1610
IMG_1611
IMG_1612

トイレと洗面所は付いている
IMG_1615

IMG_1617
IMG_1619
「水を流したらレバーを元の位置に戻して下さい」と書いてあるが、自動では戻らない。戻さないと水がずっと流れっぱなしになる
IMG_1620
丁寧な案内だが、テプラで案内を作る手間より修理すれば良いのに

IMG_1614

金庫は目隠しされているIMG_1844
IMG_1845
冷蔵庫はない。共用冷蔵庫もないので不便

部屋は綺麗だけど襖のシミが気になる。というか、何があったら高い位置に丸い染みができるのだろうか?
IMG_1623
IMG_1624
浴衣・バスタオル・手ぬぐい・歯ブラシ
IMG_1625
IMG_1607
IMG_1668
IMG_1627
お茶は数回淹れても色が薄くならなかった
IMG_1628IMG_1667
窓からの眺め
IMG_1677
IMG_1676

エアコンは新しくて温度を変えるたびに「〇〇℃にせ、ってい、しました」とよく喋る
IMG_1671
標高は高いがジメジメしていて除湿運転しないと結構蒸した。「エアコンの設定温度にご配慮を」っていうのも変な文章だ。旅行中くらいそんな配慮をしないで快適に過ごしたい。僕は環境保護のために節電したことはない。お財布保護のために節電をしたことはある