チェックイン時に夕食は18:30で良いですか?と声がかかった。いつでも良いです、と答えた。気がかりなのは直前予約で迷惑がかかっていないかどうか?

前回訪問時は「18:00か18:30」だったが「選択なしの18:30」に心の中で警告ランプが光る。直前予約で仕込みが大変なのだろか?

大旦那「連休最終日でお客さんはみんな帰っちゃったよ」

同泊者一組だけでさらに悪いことに彼らは朝食付きプランだったので、夕食は僕らだけ。結局大迷惑をかけてしまった。申し訳ない。ちなみに同泊の人は当日に観光協会を通して予約したら2食付きは間に合わなかったそうである。



席に着いた瞬間「あぁ、やっぱり来て良かった」と心から思えた
IMG_2022
僕のブログが依怙贔屓で役に立たない事がよく分かる一言をこの時言いました

「食べる前から美味しい」

前泊との差が激しいので、テンションも文章も煩いかもですIMG_2032
ギチギチに冷えたスーパードライも熱めの野沢温泉によく似合う。どの宿で飲んでも同じビールなのに野沢屋の風呂上がりのビールはことさら旨い

食堂はBGMが流れていている。外はまだ夕日で明るく窓から見える景色も綺麗だった

馬刺し・信州サーモン・鯵
IMG_2025

この綺麗な馬刺しを見てよ。艶も厚みも佇まいも完璧でしょ
IMG_2026
そりゃ旨かったさ

山のもの・川のもの・海のもの、の三点盛り。最高に贅沢
IMG_2035
翌日の別所温泉も刺身は「信州サーモン」を含めて3種盛りだった。飯旨な旅館は傾向が似る

前菜
IMG_2027

コゴミのナムル
IMG_2028

卵焼き。中に入っていたものは何だったか…旅館をはしごすると忘れてしまう
IMG_2029

ウド
IMG_2030

漬物
IMG_2024



IMG_2033
そうだね、煮物も美しいね
IMG_2036
来るすがら寄った道の駅で見かけた「淡竹」が使われている。直径6~7センチで縦にひょろっと長い筍。僕らが普段食べている孟宗竹のゴロッとした筍とは違う種類。そういう旬を食べさせてくれる

淡竹は「はちく」って発音するんだけど、漢字を知らないと言葉で聞いても???ってなる。淡竹を最初に食べたのは三水館だと記憶してるんだけど竹のことだと分からずに当惑した。根曲がり竹みたいに「たけ」って入ってない難しい食材


IMG_2037
豚肉とキノコの味噌鍋?陶板焼き的なもの
IMG_2038
名前を失念したが地元産の銘柄豚を使用している。火をつけるタイミングも選べるよ


IMG_2031
水尾も飲みました。日本酒の張り紙は水尾だけになってた
IMG_2051
10年以上前に飲んだのが最後な「久保田」も久しぶりに飲んでみたかったんだけどね、張り紙が消えてた

旨い湧き水も食事は我々だけなのでテーブルに置いてあります
IMG_2047
きっちりと冷えていて、やはり水道水とは違う。スルリと喉を通っていく


ここまでが初期配膳。後から続々と料理が届く。「ゆっくり食べてくださいね」攻撃も健在だった

ナメコと茄子
IMG_2040
見た目が濃いでしょ。味も濃い目でしょっぱうまい

天麩羅。揚げたてで供される。衣が薄くて軽い
IMG_2042
揚げたての天麩羅は最優先でかぶりつく。それを見てとmこが笑う
IMG_2043
火傷しながらハフハフと食べる天ぷらは最高だね。海老もまだ半生でムニュムニュしている

「サービス品のきゅうりです」
IMG_2044
ツヤツヤ

今日のきゅうりの味噌は一般的な白味噌だった。新鮮な野菜って本当のご馳走だよな

一番感動した料理はこれIMG_2045
ズッキーニの上にカレー味のひき肉、そしてチーズ

ほんとに旨かった。3口で食べ終えるのが惜しかった。お皿が素朴だから家庭料理っぽく見えるけどレベル高え

豚肉にも火が通りました
IMG_2058
豚肉の脂の甘さと味噌の甘さで甘甘

リンゴと豚肉・ラムレーズンの春巻き
IMG_2050
これは前回も出てきました。定番料理になるのかな?


自家製米
IMG_2048
米の甘さを再認識する

二人だけの食事だが、前回と同じくとても大きい炊飯器が鎮座していた。そしてたくさん食えとばかりにご飯が沢山入っていた。勿論おかわりなんて出来なかったよ


味噌汁
IMG_2052

根曲がり竹とサバ缶の味噌汁
IMG_2054
根曲がり竹もたくさん入っていて二人で涙を流しながら飲む
IMG_2057
淡竹だけでなく根曲がり竹も味わえる。地の物・旬の物を出してくれる旅館は食べていて楽しい。美味しいだけじゃ駄目なんだよね。楽しいかどうかがとても重要なんだ



僕はデザートを辞退したのだけど「小さいから」と2人分持って来てくれた
IMG_2060
「小さいから(一人で2つ食え)」って感じでとmこの前に並べられた

味噌とクリームチーズのアイス
IMG_2059
とmこ「ピーナッツみたいで味噌が分からない」
気になって一口食べる
とむこ「なんだよこれ、すげーうまいじゃん!」
味噌の香ばしさを活かしているのだけど味噌臭さ(という表現も変だな。田舎臭い感じ)を全く感じない。良いところだけ引き出してる。うめーうめーと結局自分の分を食べた

駄目ですね。野沢屋で料理の辞退は駄目です。すごく損をしてしまう


160km、4時間掛けて野沢屋に来て正解でした




唯一の不満は枕が低い。次回から持ち込もう
IMG_2062


前回営業していなかった「里武士」という地ビールのお店に行ってみる
IMG_2065
祝日なら開いているかも
IMG_2066
祝日最終日、かなり寂しい雰囲気
IMG_2067
閉店作業中でした
IMG_2068
連休最終日は夜遅くまで開けていてもお客さん来ないよね

「走るから写真撮ってくれ」
IMG_2069
ひと気のない温泉街を疾走しました
IMG_2072
何をしたいのか自分でも分かりません。今日はさほど飲んでなかったんだけど元気でした