5時に起きて風呂へ行く。野天風呂へ行きたいが6時半からなのでとりあえず2階の展望風呂へ。スリッパを見て一人入っていたので止めて1階のランプの湯へ向かう。こちらは誰もいなかったのでぬる湯を満喫する。5時40分に一人入ってきたが2分ほどあつ湯に浸かってすぐ出ていった。多分、みんなぬる湯目当てなのだろう。なにせ男湯はぬる湯に二人で浸かるには狭すぎるのだ。

6時20分、少しフライング気味に野天風呂入り口に行くと「入れます」に看板が変わっていた。変わっていたが籠は既に2個無くなっていたので諦める。出遅れた。部屋に戻る

7時半にもう一度覗くがやはり籠は2個。女湯は誰もいなかったのでとmこは野天風呂へ。とむこは迷いながらも「朝食直前まで浸かる人はいないのでは」と予想して一緒に行く。案の定、風呂から上がる最中だった。別に一人で独占したいわけではないが野天風呂はパーソナルスペースの確保が難しい。この曇りの中、7時半から野鳥観察イベントが行われている。果たして見えたのだろうか?

朝食は8時から
IMG_5216

テーブルは昨夜と一緒
IMG_5203IMG_5211

白菜と油揚げ、しめじを煮たもの
IMG_5207
おひたしはなんだったっけ?ツルムラサキ?
IMG_5208
温泉卵
IMG_5209
かぼちゃサラダ
IMG_5206

焼海苔
IMG_5210

野沢菜漬け
IMG_5204

鮭と味噌汁は着席後
IMG_5212
IMG_5213

海藻入り
IMG_5227

ご飯は一人一膳分
IMG_5215
お櫃のおかわり可。どれくらい入れるか聞いてくれる

昨夜に続き、ベッタベタなご飯。高峰温泉の通常仕様なのだろう
IMG_5217
繰り返すが決してまずいご飯ではない

珍しく、少し物足りなく感じた
IMG_5219
この程度の量が、すぐ活動するのに具合良いのだろう


朝食後はみんな早々にチェックアウトしていく。湿原ツアーだったり、その他個人的な登山だったりと予定があるのだろう。僕らは今回そういったレクは何も望んでいなかったので、通常の旅館と同じくゆっくりと貸し切りで風呂を満喫した。満喫したが9時半の時点で掃除のオバチャン部隊が部屋の掃除で賑やかだったので「こりゃ迷惑になるわ」と10時前にチェックアウトした


イベント(無料)に参加するとお得に感じる旅館だと思う。僕らのように温泉だけを目的にすると少し割高に感じるかもしれない。でも色々と頑張って努力している良い旅館だった。


帰り道もポツポツと雨が降っている
IMG_5254
湿原ツアーも雨降りだろうか?
IMG_5256
ビジターセンターでのコーヒーも宿題。天気の良い日に出直そう
IMG_5258
IMG_5260
おしまい