1階休憩所付近の風呂を「ランプの湯」というらしい
IMG_5002

女湯から
IMG_5003
IMG_5004
IMG_5005
IMG_5006IMG_5013
加温槽3人・源泉槽1人がキャパ。芋洗時は大変だろう
IMG_5007
加温槽にも源泉が投入されてます。これは覚えておいてください
IMG_5010
源泉槽。もう少し湯量が欲しいな
IMG_5011
IMG_5012
シャンプー類はありませんよ。持ち込みもだめ
IMG_5009
IMG_5008

「創生水」ってやつが蛇口から出てくるIMG_5014
そういえばシャンプーが使えないというのも、今まで宿泊を伸ばしてきた理由の1つだ
IMG_5016

洗い方は丁寧に説明されているIMG_5038
この装置が1000万円以上したらしいが、僕はあまり信用してなかった
IMG_5040
いろんな効果を載せてるけれど、流石にちょっと眉唾だよねぇ。髪の毛洗って精子増えても困るし

結論から言うと、きちんと汚れは落ちました。「湯シャンなんて頭皮の汚れは絶対落ちないだろ」なんて思ってましたが、とmこさんに「髪の毛サラサラでしょ」と言われて試してみた。洗剤を使ったときのキュキュッとした洗い上がりにはならないが、さっぱりはする。でも僕は疑り深いから、普通のお湯でも丁寧に頭皮をこすりながらお湯で流し続ければさっぱりするんじゃないかと思う。体の汚れはお湯に長く浸かっていれば自然と剥がれてしまうし


好き嫌いはあるだろうね。僕はシャンプーを使えないことが宿泊を諦める程のデメリットには感じなかった(坊主なので)。顔の脂はきちんと取れなかったのでウエットティッシュを持ち込むとかの工夫が必要でしょう


男湯
P_20190904_062115
明らかに源泉槽の幅が女湯よりも狭い。完全に一人用
P_20190904_062109
一人でも肩が湯船に少しぶつかる
P_20190904_062105
温度は良いんだけど、湯船が小さすぎて評価に困るな


2階の最奥に「展望風呂」。館内を散策していて見つけた
IMG_5001
「野天風呂」「ランプの湯」「展望風呂」とちょいネーミングがややこしいね。男女入替えなし
IMG_5000

女湯から
IMG_5027
IMG_5028
加温槽は加温循環です。源泉投入されてない
IMG_5029
IMG_5036
源泉槽、ではないな。「ぬる湯槽」とでも呼べばよいか
IMG_5035
男湯に関しては加温槽のお湯?が浴槽内の2箇所から供給されていて、加えて非加熱の源泉が投入されている。混じって36~37℃くらいになる
IMG_5037
IMG_5031
IMG_5030

男湯
IMG_5043
IMG_5044
ランプの湯に続き、展望風呂もぬる湯槽が女湯よりも明らかに狭い
IMG_5046
微妙に一人用なんだよな。知らない人と2人だとちょっと嫌だなぁという広さ

湧出量が60L/分で湯船が6個あるから、均等に配分するとして10L/分。源泉ドバドバ派の僕には少し物足りない。硫黄泉って湯なまりを感じにくいから鮮度は気にならないけど、秘湯系の温泉旅館で循環浴槽があるのは少しがっかりした。

なんとなくなんだけど、「源泉槽待ち」な雰囲気を感じることが多かったので源泉槽を大きくするか、男女入れ替えしてほしいなぁ