夜中2時にさっぱりと目が醒めた。胃はまだ苦しいが、風呂に行く体力は戻った。加温掛け流しなのに夜中もずっと入浴可能なのはとても嬉しい

館内は夜中でも照明は暗くならず、オルゴール系の音楽もずっと流れている。深夜のオルゴールは少し心を寒くさせた

明るいがひと気がなくて寂しいロビーをフラフラしていてフロントの「キャッシュレス5%」の写真を撮っていると、奥からギターの練習音らしき音が聞こえてくる。P_20191218_021743
ベベンベンベン

スタッフが寝ないで常駐してるのか?大変だねぇと感心する。ギターの練習でもゲームでも何でもするがよろし・ご苦労さまと思うが、湯上がりの冷水は朝食後まで補充されなかった。どうしてこの旅館はしっかりしているようでしっかりしていないのだろうか?宿泊客が起きる前に冷水ポットをチェックできないのか?



時の宿、時間を気にしなくて良いはずなのに朝食時間は遅い
8時半になるのをスマホで何度も確認する


朝食は個室で
P_20191218_083924
川が見えた。雪が全く無い
P_20191218_083919

色々配膳されて揃いました
IMG_20191218_084516

おかずは多い
IMG_20191218_084556
米沢らしさ?でいうと牛肉ウインナー(サラミのように少し硬い)と
IMG_20191218_084618
牛肉の煮こごりと
IMG_20191218_084637
米沢牛入りの味噌汁IMG_0336
の3つが主張が強いか

味噌汁に和牛の脂が浮いてるのって馴染みがないのだけど、コクがでてすごく美味しい。脂も濃いのにクドくなくてサラサラと胃に収まる。

後は見た目の通り。さして感想はない
IMG_20191218_084614
IMG_20191218_084608
IMG_20191218_084605
IMG_20191218_084601
IMG_20191218_084624
IMG_20191218_084654
IMG_20191218_084634
IMG_20191218_084540
IMG_20191218_084544
IMG_20191218_084659
IMG_20191218_084702
IMG_20191218_090602

食事が終わる頃にヨーグルトも出てきた
IMG_20191218_091221

食後はロビーに移動してIMG_0345
雨の林を眺めながら(鉄橋は新幹線用)

紅茶と
IMG_20191218_092913
コーヒーを飲む
IMG_20191218_092926
お櫃じゃなかったので、胃は辛くない。でもご飯の友的なおかずが多かったのでご飯をおかわりしようか迷った



精算時に「こちらでお間違い無いでしょうか?」と聞かれ請求書をチェックする。昔は禄に見ないで流してたんだけど、自宅に帰ってから見直すと間違ってることが多いんだよね。なので真面目に一項目ずつチェックする

「香梅 グラス1」になっていたので300mlだと訂正する。鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして慌ててたけど金額が増える指摘をしてはいけないのだろうか?そういう事で得をしたという気持ちにはなれない

かりんがフロントに置いてあったのでありがたく頂く。かりん酒にした
IMG_20191218_155453
ツッコミどころが多い旅館だった。でも、帰ってから評判を読み直せば、僕の書いたことは既に誰かが書いていたことばかりだった。ルーティーンな作業に綻びが目立つ緊張感のない宿だなぁと感じた。こんな感想じゃ本当の悪口になってしまって嫌だったんだけど、何度書き直そうとしても面白く書くことが出来なかった。宿の方々には申し訳ないと思ってます、正直者なので



見送り時に「米沢牛黄木 総本店へ行けば夕食に出てきた珍しい肉は買えますか?」って聞いたら「行ってみないと分かりません」電話で確認くらいしてくれても良いのにな。黒毛和種のステーキはどこでも食べられるけど、希少部位を自分で調理してみたかった
IMG_0351
そんな訳でヘソを曲げていたので「黄木」には行かず、お土産は道の駅米沢へ
IMG_0354
地場野菜が色々あって、楽しめた。
IMG_0355
小野川豆もやしが一束400円くらいで悩んだ末買わなかった。もやしに400円はセレブすぎる

タイミング良く新杵屋と松川弁当店両方の弁当が買えた
IMG_20191218_182355
米沢牛じゃないけど、十分美味しい
IMG_20191218_182550
IMG_20191218_182603
牛しぐれ煮も美味しかった
P_20191218_172110
「がんづき」という郷土菓子
P_20191219_054611
帰り道もドライ
IMG_0357
IMG_0364
おしまい