館内施設は、半年前と大きく変わらず
絵画がうさぎに変わっていました。十五夜に合わせてでしょうね。
2回目の宿泊ですが、何時来ても細やかな演出を発見できる旅館だと感じます。
 DSCN3234
DSCN3238
DSCN3240

夕飯は18:30分から

おしながき
DSCN3241
箸置きも、魚(ムツゴロウ?)からウサギに
DSCN3244
前菜
DSCN3242DSCN3248
DSCN3247
DSCN3249
DSCN3250
DSCN3246
先附
DSCN3243
やはり先附・前菜とお酒だけで30分は欲しくなってしまう
DSCN3251

DSCN3252
蓼酢もきちんとついてきます
DSCN3257
DSCN3258
お皿の冷え具合がよくわかります。
DSCN3261
冷製コーンスープ
DSCN3263
牛肉の冷しゃぶは、火の入れ具合が絶妙
薄味になってますが、そのままでと説明を受けました。ポン酢等のたれは無し。
薄味にすることで肉の甘味を感じ取れるようになってます。
見返しても良い肉だなとわかります。が、貧乏舌なので塩を少し使いました。
DSCN3272
大葉のはさみ揚げ
DSCN3280
DSCN3283
無花果のマリネ
DSCN3286
DSCN3297
DSCN3298
DSCN3299
おしながき上はそうめん瓜でしたがエノキダケに変更になってました。
DSCN3301
DSCN3302
献立はどのくらいのペースで変わるのでしょうか?2回来た程度では底が見えない
最近は、旅行中と普段の食の量を変えない趣向にしているので足が遠のいていますが
又再訪したいです。


今回は、チーズは頼みませんでした。ちゃんと有料のアナウンスもありました。
部屋はお布団が敷かれ、夜食のまんじゅうと新しい冷水が用意されていました。
DSCN3312