食事

時間は「何時が良いでしょうか?」とアバウトな感じだったので
こちらの宿で一般的な開始時間の18時半にお願いしました。

1階の食事処にて
IMG_1577_R

先に配膳されていた料理
IMG_1580_R

美味しそうな絵です

枝豆(大粒)
IMG_1583_R


乳茸
IMG_1585_R

ニシンの山椒煮
IMG_1591_R


酢の物だったかも(下にタラがいる)
IMG_1587_R

鰹の刺身
IMG_1592_R

ニンニク
馬刺しが後から出てくるかなとウキウキしてたらカツオ用でした
IMG_1598_R


ワラビ
IMG_1588_R

みずの実
IMG_1581_R

フキ
IMG_1582_R


茶器類とご飯(炊飯器)
IMG_1599_R

IMG_1600_RIMG_1615_R
お櫃でご飯が出てきた場合、残すことができないのですが(行く末が気になるので)
炊飯器で出てくると、なんとなく安心して完食せずに済みます。
開けた瞬間あまりの量にビックリしましたけどね(5合以上はあった)

日本酒
IMG_1593_R
おすすめされて、佐藤酒造の「傅」
普通酒が飛び抜けて旨いとのことでしたが、商売っ気ないですねぇ
でも確かに美味い

一回の洗面所に冷蔵庫があるので、食事前に物色できます
IMG_1496_R
IMG_1531_R
そういえば客室に冷蔵庫がなかった(飲み物は声掛けしてここから持っていくのかな?)

後は1品づつ

こづゆ
IMG_1603_R

根曲がり竹と鯖缶の煮物
IMG_1604_R

牛ステーキ
IMG_1608_R

炊飯器は最初から出ていますので、先飯派の方も満足
「おかわりしください」なんて誘われたので、欲張ってこづゆをおかわりしました

デザート
IMG_1622_R

 いわゆる郷土料理が色々出てきましたが、新鮮で丁寧な料理でした
一品ずつお勉強しながら味わっていたので、こづゆと煮物とステーキが渋滞しました

お殿様の関係なのでしょうが、福島と長野の郷土料理は似てますね