日帰り施設もHPのショボさ(ずっとこのままでいて)から想像していたものと違って凄く綺麗。
P_20171213_093636_vHDR_Auto
これは男湯入り口付近の廊下なんだけど間接照明やらで高級感さえ感じる
DSC03384
変に艶めかしい像がw顔はモアイみたいだけどww
DSC03383
お風呂画像はダメって事で載せません。男湯の露天だけ、どんな雰囲気か下調べでわからなかったので湯船を載せずにちびっと
P_20171213_093814_vHDR_Auto
建物に挟まれて外が見える。褒められたもんじゃない
P_20171213_093818_vHDR_Auto
でも冬のカラカラ空が真っ青でとても綺麗。な~ご~む~
P_20171213_093816_vHDR_Auto
トゥルトゥルという表現の似合う泉質ですが湯船に浸かって体をさすると抵抗が全く無く滑ります。ローションみたいかと言われれば違うんだけど、トゥルトゥルします。良いんだなこれが。源泉温度が40℃ですが露天は加温されているので気持ちよく長湯ができました。

シャワーも源泉なんだけど給湯管が冷えているとお湯が冷たいのは宿泊棟と一緒。ただし給湯が押しボタン式なのでずっと押しておくのは(時期的に)寒くて辛いです。若い2人組の子が「さっみ!さっみぃ~よ」と叫びながら体を洗う姿は少しいたたまれなかった


建物の古さというか昔からある施設なんだなと実感できるのはこの大広間だけ。昭和の空気が流れる
P_20171213_121208_vHDR_Auto
P_20171213_121213_vHDR_Auto
P_20171213_121215_vHDR_Auto
食料は部屋にあるが、部屋にある食事メニューを眺めていたら惹かれてしまった
P_20171213_121240_vHDR_Auto
BlogPaint
豚肉と玉ねぎの工夫もないカレー。お皿もメラミンでスプーンがぶつかるとカツカツと響く。
お風呂で体力を奪われた後のカレーはちょー旨い

予約の時までは素泊まりで7730円?たけーよ、と思っていましたがお湯が良くて施設が綺麗で滞在時間が長くて、結果として7730円を遥かに上回る満足度でした。普段は自宅サイコーだけど暇な時は1万円握りしめて自宅よりもサイコーをやりに来てしまいそう。カップルで旅行に使うと絶対喧嘩になるだろうけど(お風呂以外はやること無いよ)お湯に浸かり倒したい時は今後もお世話になるでしょう。



松島温泉から一番近い農産物直売所「菜っ葉館」(map)
DSC03423
イチゴや「しもつかれ」が売ってました。怖くて宿題にする
DSC03426