細かい説明は過去の記事を見てもらえれば良いと思う。変化はない
IMG_1049
その時は全く気づかなかったが、いろいろな場所にある生花が美しい

IMG_1052
IMG_1031
IMG_1032
IMG_1030

部屋も前回と部屋番号こそ違えど、大きく変わらない。当日予約で角部屋が空いていたのはラッキーだったが、泊まったことのない本館6畳に泊まってみたくもある。でもハガキの割引に負けて良い部屋を選んでしまう

11号室
IMG_1014

良い部屋と言ってもドアを開ければすぐ布団
IMG_1015

美しい絵だ
IMG_1018

そしてセミシングルの布団も変わんない
IMG_1016

今回はしっかりと囲炉裏の風情を楽しむのだ
IMG_1020
IMG_1021

フクロウの中に予備の着火剤が入っている
IMG_1022
IMG_1024
IMG_1025
団扇が唯一の冷房設備

ピンクのバスタオルって旅館であまり見ない
IMG_1026

IMG_1054

クルミはいつも夜食になる
IMG_1019

部屋から大きなパラボナアンテナが見える。恐らくIPSTARのネット用アンテナじゃないかな
IMG_1053
テレビが見れるわけではない。というかテレビはない

IMG_1027
IMG_1028

部屋を出た直後とm子さんが話しかけられる。本館に泊まっている人のようだが「暑くて部屋に居られない。こっち(新館)には扇風機なんかはおいてあるのか?置いてあるなら部屋を変えてもらおうと思う」のようなことを聞いてくる。ドアのそばで待ち構えてないで旅館に聞いてしまえば良いのに。まぁ世の中には色んな人がいる

3回目ともなると、秘境としての不便さを新鮮に感じることはなくなった。以前の記憶を消去して初めて宿泊した時のドキドキを毎回味わいたいのだが、そうはいかないものね。

機械が発するノイズがまったくない世界というのは貴重だ