館内施設が異常に多く、公式HPが一番理解しやすい。画像はたくさんあるが、私的な記録のためで有用な情報はない


バブル絶頂期に建築された豪華な建物、のようである。残念ながら他の大型旅館を知らないのであさやホテルがどのくらい豪華なのかは僕にはわからない。

僕が素晴らしいなと思うのは、完璧なメンテナンスで古さを感じさせない所。例えば、ゲームコーナーも「機械を置いておけば良い」という体裁だけを整えた哀愁を感じる雰囲気は全く無くて、常駐するスタッフがいて、活気を失っていない。機械は最新というわけにはいかないけれど廃退感が全く無い。
IMG_2980
IMG_2984
チェックイン後に写真を撮っているのでひと気はないが、夕食後はそれなりに混んでいた
IMG_2983
IMG_2982
ご飯を食べて心がふわっとしている時に軽く遊んでも良いよねIMG_2986
IMG_2987

パイプオルガンが自動演奏で鳴っている。
IMG_2972

近くで見るととても大きい
IMG_2971
本物の楽器が鳴っている空間は実に華やか。柔らかい音が吹き抜けから建物全体に隅々まで届く

にしてもでかい吹き抜けだ
IMG_3107
「吹き抜け ホテル」で画像検索をかけるとあさやホテルの画像がたくさん出てくるから有名なのかね。建築物には疎いのでわかりません

カメラを少し出して撮るとこんな画像が撮れる(もちろんストラップを握りしめてる)。怖い
IMG_2922
ネットとかは全く張ってないからスマホが落ちてきたりしないのかしら


個人的に、角がせり出している所に立つと(高所恐怖症的に)すごく汗が出ます
IMG_3124

ガラス張りのエレベーターも結構ゾワゾワきました
IMG_3127
怖いのに凝視してしまう


天井から採光できるのかね。メンテナンス大変だろうなぁ
IMG_3126

お金のかからないキッズコーナー
IMG_2951

自称4歳にはちと小さかった
BlogPaint

プールもあった
IMG_3004
温泉よりもこっちのほうが気持ち良いだろうな、でもお子様用みたいね

ビリヤードと
IMG_2964
卓球
IMG_2965


その他
IMG_2954
IMG_2957

土産物売り場兼売店もコンビニ2件分位のスペースがある
IMG_2941
IMG_2940

和牛カレー(レトルト)はちょい高い。バイキングで食べることができます
IMG_2938

まんじうは予約しておけばチェックアウト時に当日生産の物を受け取れます
IMG_2942

寝酒用のチューハイやビールもあるよ
IMG_2945

地酒はもっと頑張れ
IMG_2944

食べ物以外のお土産?も売ってますIMG_2931
IMG_2932
IMG_2933


飲食店もやたらある
IMG_2995
夕食後、胃に余裕があるのだろうか?
IMG_2990

ちゃんとしたbarもあったが覗けなかったので怖くて入れず
IMG_2991
IMG_2996
IMG_2998
IMG_2999


個人的にカラオケボックスがある店舗の廊下の証明がレトロで良い味を出していました
BlogPaint


千と千尋の神隠しの油屋に似ているなんて話が出るが、似てるか?吹き抜けだから?全く世界観が違うと思うんだけど。まぁよく探せば湯婆婆みたいなのは見つかるかもしれない
IMG_2958


スタッフも実によく教育されている、と書くと上目線になってしまうが彼らのおかげで本当に居心地が良い。自己流自己満足接客の人は全くいない。それはちゃんと挨拶しているとか表面的なことではなくて、客を見ている姿勢が気持ち良いのだと思う。子連れのお客の浴衣を交換しているスタッフがいたが「まるでネズミランドのような対応」(とmこ談)で見ていても微笑ましい。浴衣のサイズが合わない、という小さな不満になりかねない出来事がスタッフの対応と笑顔次第で楽しいイベントのように見えてしまう。

あさ4時半に備品の補充をする裏方スタッフですら、キリッとした挨拶をしてくれる。そういう人たちも高レベルな接客を維持するのは大変だろうな

あえて文句を言うなら立ち寄り入浴は数年前から止めているのに「八番館大浴場は宿泊客専用」の案内表示が残っていることぐらいか、そのくらいしか見つからなかった