館内の把握にとても手間取った。

部屋にあった館内図
DSC04551
この地図を頭に入れて行動したら自分の現在位置が全く分からない。40歳の迷子

僕はこの上下反転が正しい館内図になると思うんだけどな。古い地図もこの向きだし
DSC04551
空間把握能力はあるんだけど、地図にずいぶん翻弄された。あっちこっちウロウロと20分位歩いてやっと全体像が頭に浮かぶ。できれば要所要所に現在地を表示してもらえると嬉しかった

浴場の案内表示も凝りすぎて見にくい
DSC04380
実際、よくわからんって顔して歩いていたら板前さんに浴場まで案内された。ナイス板さん!

館内は広いが休憩所と風呂5ヶ所の位置を覚えれば良い。風呂は別記事だから今日は休憩所だけ

ロビーはすごく綺麗
DSC04397
DSC04398
DSC04405

左手に進むと自販機
DSC04343
この辺から急にボロくなる
DSC04344

左手に大湯 右手に喫茶去(きっさこ)金泉堂という休み処
DSC04347


喫茶去金泉堂
DSC04330
要は湯上がり処。不忘庵泊の人には第二の客室にもなる重要な場所

後で書くけど、ここを真っ先にリフォームすればよいのに
DSC04445

ゴチャゴチャしてます
DSC04446

wifi
BlogPaint
しょぼめのルーターが一台あるだけだから半径10m程度しか電波はつかめない。
P_20180821_084638_vHDR_On
西別館も厳しいんじゃないか。不忘庵なんて論外

無料サービスの類
DSC04331

日本酒
DSC04335
精米歩合が70%の雑味も感じる普通の日本酒
DSC04340
というか最近の日本酒はお上品すぎなんだよ。雑味を感じるくらいが個性があって良い

蒟蒻
DSC04336
と辛味噌 
DSC04337

お菓子
DSC04339

あんドーナツ
DSC04338


ブログ的にはこんな感じか
DSC04438
辛味噌が美味いので、酒好きなら味噌を舐めながら日本酒エンドレスが可能。

窓際には冷水・コーヒー・お茶
DSC04447
ドリップコーヒーがいつでも飲めるのは嬉しかった
DSC04448

金泉堂からは青根御殿が見える
DSC04442


館内はまぁ古いです。ちょこちょことリフォームをしているようですが、やや投げっぱなしジャーマン的な部分も多く「維持をする」という姿勢はあまり見られません。掃除も何時やったのか首を傾げてしまう場所が多くて綺麗好きにはあまりお勧めできないかも。

椅子とテーブルが同じ高さで疲れるから床に座ると
P_20180820_171125_vHDR_On

素足だったから床のザラザラを感じて???と見るとホコリと小虫だらけP_20180820_170942_vHDR_On

ばっちい
P_20180820_170918_vHDR_On
てけとーな掃除の仕方が目に浮かぶ


翌日泊まった西本屋旅館では、一人の女性がずっと床にへばりつくようにして掃除をしていたけど、やはりそうやって掃除をしている旅館はピカピカしている。


あんまり重要性がない?ところはリフォームされてるけど、いつまできれいな状態が続くやら
DSC04409


トイレも文化財レベルの強アンモニア
P_20180821_045556_vHDR_On
あまりにもレトロ過ぎない?

1階のトイレはここしかないので、使用頻度が低い訳ではない
P_20180821_045618_vHDR_On
古い旅館でも水回りのリフォームだけは済んでいることが多いだけに、ちょっときつい
P_20180821_045613_vHDR_On
美味しい食事なのに食事中にトイレを使うと「うぇぇ…」と落差が凄い