1階廊下の突き当りが風呂
IMG_1804

女湯から
IMG_1806
IMG_1809
IMG_1810
キャパシティは4人位
IMG_1814

男湯・女湯共に熱い源泉がお湯の表面を滑るように吐出されている
IMG_1817
なのでお湯が上下で混ざらず、手で湯温を確認すると「熱くて入れない」ように感じる
IMG_1819
最初だけぐっとこらえて体を湯船に沈めてしまえばさほど熱くない(それでも42℃はあったが)。今回は他に宿泊者がおらずこんな浴感になったが、人の出入りが多けいれば温度は一定になるのかもしれない。
IMG_1816

男湯
pano_3x3_6553740_1547449604000

男湯は窓が開けられるので、湯気を逃すことができるが女湯はそれが叶わないらしい
pano_3x3_6553741_1547449638000
なぜか紫水晶が飾られている

源泉温度が高いのでチョロチョロの源泉投入で適温を維持している。源泉かけ流しはとても嬉しいが、ザバザバなお湯も好きなので熱交換器とかあればな、と思ったりした。冬の肘折なら冷やす場所はいくらでもあるだろうし

混雑具合によって貸し切り風呂として使うことも出来るようだ。僕らはいつも貸し切りだったので札を出す必要もない。

2階には貸し切り風呂
IMG_1822
廊下をくねくね歩いて
IMG_1823
最近作ったようだ
IMG_1826

入浴中と清掃中の札
IMG_1825
脱衣所もこじんまり
IMG_1827

ほぼ一人用
IMG_1830

ちょろちょろ源泉
IMG_1832
IMG_1833
加水用の蛇口があったので、盛大に加水しぬる湯を楽しむ。窓を開けると冷気が非常に気持ち良いのでだらだらしたい時はここに籠もった。シャキッとしたい時は男湯へ。この使い分けが非常に楽しい。

IMG_1831

清掃時間は湯船によって異なる
男湯7時45分から8時45分
女湯17時30分から18時30分
貸切風呂 昼間(清掃中の札がかかる)