前回行かなかった「疝気湯」「河原湯」を覗いてみようと女将さんに声を掛ける

「疝気湯を見てみたいけど、観光客でも大丈夫ですか?カードをお借りしたいんですが?」
「見るだけ?入る?」
「多分見るだけです」
この時「見るだけ?入る?」の真意が分からなかった。カードキーが許可証みたいなものだと思っていた。
BlogPaint

上の湯の入浴券も頂くIMG_1923

疝気湯は勇蔵の真裏に位置する。
IMG_1957

案内看板の文章を見る限り、あまり歓迎はされていない。「どうぞ」という部分にすごくトゲを感じてしまう。
IMG_1959
無料で入ることを目的に外湯めぐりをする人は少ないと思う。泉質や文化を見てみたい好奇心の方が上回る。旅館に泊まらず、無銭飲食のような外湯めぐりの輩もいるかも知れないけどさ


カードキーと旅館でもらう「入浴券」両方必要なんだね。だから女将さんに確認されたんだ。

ま、カードキーは必要なかったんだけど
IMG_1960
IMG_1970

男湯
pano_3x3_6553746_1547516372000
きちんと脱衣所がある

6人位は入れるか。予想より大きくて立派
pano_3x3_6553747_1547516392000
39℃位。季節のせいかすごくぬるくて入りやすそうだった。でも湯上がりが寒そう

女湯
IMG_1962
IMG_1963
IMG_1964
IMG_1965
IMG_1966
IMG_1968

河原湯は歩く
IMG_1974

www
IMG_1993

ひっそりと立つ
IMG_1975

ここは雪捨て場だろうか?
IMG_1977

川原湯はカードキーを使った
IMG_1978
男湯
pano_3x3_6553748_1547516698000
疝気湯よりこじんまり。温度はやはりぬるめ
pano_3x3_6553749_1547516722000

女湯
IMG_1980
IMG_1981
IMG_1982
IMG_1983
IMG_1984

IMG_1990
やはり地元の人が集会所代わりに使うべき施設なのだろう。観光客を拒否はしていないが遠慮したほうが良いのかもしれない。

使用源泉
疝気湯 組合2号
河原  組合3号 5号
勇蔵  組合3号 5号


上の湯
IMG_1996

男湯
pano_3x3_6553750_1547517188000

上の湯に入っておけば十分。湯量も多いし温度も適温で居心地が良い
pano_3x3_6553751_1547517210000

女湯
IMG_1998
IMG_1999


画像を見ていただければ分かると思うが、道路はカラッカラに乾いている(2019年1月)
IMG_2036

雪が数日降ってないのだIMG_1928
これには心底がっかりした。
IMG_2039
雪かきとか実害のない観光客としてはホワイト・アウトするくらいの脅威を見せつけてもらいたかった
IMG_1930
そのかわり旅館の屋根に登ってせっせと雪下ろしをする人たちを見学することができた
IMG_1934
雪も少ないが観光客も少ない。他の旅館の歓迎看板を見ても2組程度しか泊まっていない。温泉街を歩いていて出会ったのは温泉街を爆走していた湘南ナンバーのクソFJクルーザー乗りだけだった。

前回泊まった西本屋旅館は雪から守る囲いのようなもので覆われていて夏の雰囲気とは違って見えた
IMG_1936
IMG_1937
IMG_1940
IMG_1941
夏に宿題にしておいた団子屋は冬季休業。また宿題にする
IMG_1943

ここで雪に阻まれる
IMG_1946
足湯も宿題のままになってしまった

雪が少ないが故、川もしっかり見える
IMG_1944
石の上に雪がマシュマロのように乗っていればもっと綺麗だろう
IMG_2005