僕は温泉が好きではないのかもしれない。最近、そう思うことが多い

完全放流式かけ流しの旅館を選んで宿泊しているにも関わらず「〇〇温泉の泉質が良い!」とか「〇〇温泉のにごり湯が気持ち良い!」とかいう発言はブログ内で殆どしていない。温泉分析表もちらっと見るけれど濃いとか薄いとかも興味はない。「浴感」だけを追い求めている

僕の言う「浴感」とは、「温度」と「鮮度」の2つ。気持ち良い温度で新鮮なら他はどうでも良い。極論すればボイラーで温められた水道水が循環無しでザバザバ掛け流されていれば、温泉で無くても良い。ねぇ、それって温泉好きのする人の発言じゃないよね


ぬる湯について話す前に、個人的な温度と入浴時間の関係を

44℃以上無理
43℃3分
42℃10分
41℃15分
40℃20分
38℃~39℃30分
37℃60分
32℃~36℃無限
31℃以下寒い

なので32℃~36℃の温泉に一番価値を感じる。駒の湯・松の湯温泉・微温湯温泉、名湯は皆32℃だ


部屋でにごり酒を飲んでから風呂へ向かう。まずは露天風呂だよなと階段を降りるとスリッパが一組
IMG_9550
あぁ先客さんか、なら後でも良いやと貸し切り風呂へ移動する。3人は一緒に入れるけど一人で楽しんでいるならそっとしておこう

IMG_0163
上下とも空いていたので上の貸し切り風呂へ。別に上下の優劣があるわけではないが、階段の上り下りをしなくて済むのとテラスのような脱衣所が気に入っている
IMG_0168
虻が出始めると蚊帳で覆われるが、僕らはまだ未経験だ

水量が多い。一部甌穴のようになっている。
IMG_0169
日が出ている昼間でも、「涼しくて過ごしやすいな」と感じる空気。あと4℃ほど高ければ

IMG_0172

駒の湯はどの湯船も満足できる。狭かったり湯量が少なかったりの差がない
IMG_0166
安定の32℃。湯船に体を滑り込ませると「おっ、ぬるいな」と当たり前の言葉が出てくる
IMG_0175

今年はカエルがとても多い。見回すだけで数匹確認できた。
IMG_0177
IMG_0179
IMG_0180
IMG_0185
IMG_0187

最近、とmこさんの「一人でゆっくり入りたい(別に僕がちょっかい出すわけじゃないけど)」との要望で貸し切り風呂に一緒に入ることは少なくなったが今回は一緒に入る

風呂って、会話を遮るものが無いから自然といろんな話をする。普段から会話は多いほうだと思うけれど、風呂で話しているとよくもまぁ下らないことから下らないことまで色々と話すことがあるもんだ、と自分でも驚く。良いものだよ、駒の湯の貸し切り風呂はのぼせないからゆっくりと向き合える



40分ほど貸し切り風呂で過ごし、露天風呂の人も十分満喫したかしらとスリッパを確認に行くと相変わらずスリッパが1組。待ちすぎてしまうと日が陰ってしまうので、露天風呂へ向かう
IMG_9552


今年は蛇を一匹も見なかった。去年はこの通路を歩くたびに遭遇したのに
IMG_9554
蛇が少ないから蛙が多いのだろうか


階段を降りながら湯船に浸かっている男性に「こんにちわ」と声を掛け、脱衣所の外に籠を置き外で服を脱ぐ
IMG_0209

外で服を脱ぐというだけでも気落ち良い
IMG_0197


体は既に綺麗なのでするりと湯船に浸かると、その瞬間先客の彼は湯船から出ていった。「追い立てたようで申し訳ないな」と思う半面「そんな露骨に出ていかなくても」とも感じる
IMG_0191
ま、気にしても仕方ない

遠慮しているうちに湯船は陰ってしまった
IMG_0189
駒の湯の露天風呂は日光に照らされながら入るのがとても気持ちが良い。お湯で温まって、日で暖まって、同時にぬる湯が体を冷ましてゆく。お湯が温めてるのか冷ましているのかどっちだよ、と思うだろうが駒の湯のお湯は体を温めるし体を冷ますんです。大量に投入された温泉が一時も体に佇まずに流れ続けるのもこの奇妙な感覚を生じさせるのに必須なんだと思う

とにかく「ちょーきもちよい」のだ。理屈じゃないのだ




内湯は体を洗ったり、体を温めたい時に使う
IMG_0157

閉じた空間なので、浴室内がほんのり暖かい
IMG_0158
だから夜中・夜明け・雨のときは内湯が一番リラックスできる

IMG_0159
IMG_0160
湯量も申し分ない
IMG_0161
IMG_0162
やはり秘境の駒の湯山荘。直径7センチほどのアシダカグモが壁をそそくさと移動するのを見ることが出来た。他の旅館だとそこまでの大きさのアシダカには会えないんだよね。それでもまだまだ大人の大きさとは言えなかったけど、かっこよかったです。

入らなかった貸切風呂(下)
IMG_0165
IMG_0169

入らなかった露天風呂
IMG_0221

IMG_0229
体が揺れて意外と落ち着かないんだよな
IMG_0223

本当は酷暑の中浸かりたいものだが、今になってみると梅雨前に来ておいて良かった。今年の梅雨は寒くて7月なのに温かいお湯に浸かりたくなる