昨日郷土食堂で富倉そばを食べたものの、なんか納得できない。こんなものなんだろうか?
というわけで元祖「はしば食堂」へ向かいます。



山ノ内町とはうって変わり、飯山市から山方向へ走らせると大雪に変わりました。
IMG_8066

IMG_8068
わかりづらい看板を見逃さずに曲がります。
IMG_8070
はしば食堂までは、細くて離合しづらい上り道をずんずん登ります。
IMG_8071
注意深く見ていれば、民家に掲げられた大きな看板を見落とすことはないです。
IMG_8073
IMG_8074
こういうお店に怖がらずに入れるようになったのもネットのお陰ですね
IMG_8075
ちょうど先客さんが帰るところで、貸し切りでした。
IMG_8078
無造作に市販のわさびチューブが転がっている
IMG_8077
有名店で取材も多く、壁にはサインがいっぱい
IMG_8079
IMG_8089
「おかず」が出てきます。お通しのような存在ですね。1テーブル200円でこんなに出てきます
IMG_8080
バリバリの郷土料理かと思いきや、魚肉ソーセージが使われていたり
IMG_8082
IMG_8084
IMG_8085
IMG_8086
IMG_8088
楽しいですね。

笹ずし
IMG_8091
本物の富倉そば。不揃いな部分はおまけ
IMG_8095
IMG_8097
蕎麦の風味がとかそういうのはだーでもよくて(昨日は納得できなかったくせに)
おばあちゃんに感謝していただきます。

「マメになるからマメを食え」とマメも後から出てきました。
IMG_8100
蕎麦よりも有名なお婆ちゃんといろいろお話して
BlogPaint
BlogPaint
又来る約束をして帰りました